« 湯川デビュー! | トップページ | すごく濁った川。 »

2004.07.01

軽井沢の暮らし向き①

引っ越して一ヶ月、ここじゃ、のんきなリゾートチックな話ばかりで、生活臭がしないよなーって思ってる今日この頃。
ぼちぼち、暮らし向きもわかってきたので実生活にかかわる部分をちょっとご紹介。

まず暮らして最初に感じたのは、軽井沢は物価が高いということ。やはりリゾートとだから仕方ないのか。以前すんでいた横浜港南区界隈が比較対象なんだけど、明らかに2割増しぐらいだ。しかも生鮮食料品が高い。引っ越す前は、佐久周辺の新鮮な高原野菜が、安く店頭にならんでいるのではと思っていたのだけど間違っていた。

軽井沢には、周知のとおりマツヤツルヤの2軒のスーパーがあるのだけど、ツルヤは明らかに高級志向。ブランド野菜とかあって、デバ地下スーパーとか成城石井、ユニオン、紀伊国屋風。たいしてマツヤは、もうすこしリーズナブルなんだけど、それでもジャスコ、ヨーカドーなみには安くはない。そういう意味でちょっと中途半端。

軽井沢から車で30分圏内の佐久平とか御代田には、西友SSVという西友系スーパーが何店舗あるのだけど、24時間営業の店舗があったりして重宝ではあるものの、その分価格はマツヤ同等以上だった。あと、上大岡にもあったつるかめ食品にも言ってみたけれど、これも加工品は安いけど、生鮮食料品はイマイチ高かった。結局この一ヶ月間のリサーチの結果として、我が家的には、佐久平のベイシアモールの食品売り場が一番安いという結論になって、週末は、ここに買出しに行くことになっている。

ま、『いまのところ・・』ですけどね。

|

« 湯川デビュー! | トップページ | すごく濁った川。 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

軽井沢町のこと」カテゴリの記事

コメント

まぐぷりんさん、去年のエントリーにコメントありがとうございます。

確かにおっしゃるとおりだと思います。ただ佐久で旅館を営む友人にも言われましたが、おなじツルヤでも、御代田や佐久と軽井沢ではモノが違ってますね。このエントリーを書いたあとの1年間、いろいろなところで買ってみましたが、それは事実だとおもいました。

あと、これは長野在住の方には、常々申し上げてるんですけど、東信地区は物価が高いです。長野や松本の友人とも話をしてますが、ガソリンしかり、食料品しかり。もちろん直売所などは、幾分安いのですけど、それでも横浜より高い(笑)。ただ、この価格の比較の難しいのは、長野の野菜は、同じ金額なら大きめで新鮮だということです。

たぶん家族が多くなると、このあたりは、大きな差になってくるかなと思うんですけどね、うちみたいな夫婦ふたり+老人だと、微妙です。

でも、この1年でいろんな方と知り合いになれて、野菜をいただくことが多くなりました。キャベツ、きゅうり、なす、トマト、ジャガイモ(白芋)、トウモロコシ、レタス。どれも新鮮で、非常に美味しい。

単純にコストでは、割り切れないプラスαの魅力だと思います。

投稿: ta_tsu | 2005.09.08 06:49

買い物について....ですが、軽井沢はなんでも高めのものを売っているのです(別荘族ように...)同じツルヤなら御代田に行ったほうが全然、よいですよ。野菜は直売所に限ります。私は庭で一坪農園をしてきゅうりやパプリカ、ナスにズッキーニ、トマトなんかを育ててます。知り合いには、そばを作って自分で石臼でひいて打ってくれる人もいますよ。

投稿: まぐぷりん | 2005.09.07 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23328/876859

この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢の暮らし向き①:

« 湯川デビュー! | トップページ | すごく濁った川。 »