« 穏やかな朝 | トップページ | 地震雲だったのか? »

2005.03.19

さよなら、我が家のカマクラ

HI340047ここ数日の暖かさで、よいよ我が家のこの冬のモニュメントでもある、カマクラが崩れ始めた。かろうじてたっているけれど、天井や壁の厚みはすでに4~5cmとなり、床部分は雪が解けた水で、シャーベット状にぬかるんでいる。作る過程もふくめて、寒い軽井沢の冬を楽しめたのは、このカマクラのおかげだったので、本当にありがとうという気持ちで一杯だ。カマクラを作ってくれていた雪が天に帰り、また次の冬に戻ってきてくれるのを楽しみにしている。

|

« 穏やかな朝 | トップページ | 地震雲だったのか? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

ta_tsuさんのカマクラは私も楽しみました。ある種の新たな発見もありました。大雪を洒落のめす気概はたいしたものだと思いました。雪国からの移住者の新しい考え方を感じました。

投稿: カシオペアm101 | 2005.03.21 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 穏やかな朝 | トップページ | 地震雲だったのか? »