« 遅霜 | トップページ | 遅まきながら »

2005.04.22

軽井沢・大賀ホールは、なにが駄目か。

03-hallソニーの元CEOの大賀さんが寄贈した、大賀ホールの杮落としが間近だ。あのソニー名誉会長の大賀さんが企画・寄贈したことで、なにか特別な印象をもっている人が多いと思うが、残念ながら、あまたある地方都市にありがちな箱物事業のひとつでしかない。箱(ハードウエア)としての魅力は、いろいろあれど、それをプロデュースしてマネージメントするソフトウエアはなにもなく、赤字垂れ流しのMウエーブとなんら変わらないのだ。このままでいけば、いずれ間違いなく同じ末路をたどるに違いない。

ワールドワイドにビジネスを展開する日本有数の先端企業であるソニーのCEOがプロデュースにかかわったのに、こんな安直な箱物になってしまったのは、なぜだろうか。

そもそも思うのは、このホールが誰のために、どういう目的で作られたのか、まったくターゲットが見えないことだ。
いわいる多目的ホールと呼ばれる類のホールの多くは、多目的ではなく無目的なことが多い。日本で明確な目的を持って作られたホールは少なくて、東京なら、サントリーホール、文化村オーチャードホールが代表的。そのほかに、歌舞伎座、国立劇場、新橋演舞場や浅草フランス座もか(笑)。

これらのホールは、誰に何を楽しんでもらうか、というターゲットへのフォーカスが明確にされており、ホールの施設もハードウエアだけにとどまらず、運用のホスピタリティもきちんと設計思想に組み込まれている。大賀ホールには、それが無い。なにしろ大笑いなのが、専用の駐車場が無いこと。

なぜだ??土地があるのに、なぜ作らなかったのか。無料でなくていい。有料で運用したっていいはずだ。

オペラやクラシックのコンサートを見に行くのに、バスとか歩き、自転車なんてブランディングからして有り得ない。公民館や市民ホールじゃない。これだけのホールだから、おしゃれしていきたい、素敵な夜をすごしたいって思うはずだ。コンサートを見る前や見た後に汗かきたい人なんていない。また、軽井沢というブランドを考えた時、この町が古くから築き上げた、良いリゾートやホテルがもつ、ホスピタリティがこのホールにきちんと投影されてなければいけない。でなければ、わざわざ軽井沢までコンサートを見に来ない。また、コンサートの内容によっては、バレーパーキングがあったっていいはずだ。リゾートに来ている人々が何を求めているのか考えれば、当然のサービスではないだろうか。

ホテルや別荘からドアtoドアでホールにいける都内の施設ににはないベネフィットが、そこにあったのに。

大賀ホールの完成で、軽井沢の冬の観光商材として、大いに期待をしているという話を、よく耳にするけれど、ならば、どうして観光商材としてのクオリティを与えなかったのか。冬場の観光商材として考えるのならば、東京から来る人の多くが、コンサートの後のことを考え車で来ることは当然想定しなければならないはずだ。さらに地元ユーザーに対しても使いやすいホールにするのならば、地元の人たちの通常の移動手段がなにかを考えてみれば答えは一つしかないのがわかるし、町の年齢層を踏まえても同じだ。

とにかく傷口が広がる前に、ホールのホスピタリティを軽井沢というブランディングを踏まえた運用設計と、公演企画をきちんとプロデュースできるところに早急にアウトソースすべきだと思う今日このごろだ。

|

« 遅霜 | トップページ | 遅まきながら »

軽井沢町のこと」カテゴリの記事

コメント

ここんとこ本業が忙しくて(笑)、携帯から投稿するだけでレスが遅くてすいません。

shi-taさん>
おっしゃるとおりだと思います。大賀ホールだけじゃだめですよね。ってことは町の人たちもわかってると思います。軽井沢の冬って、今後だいぶ変わってくると思ってます。ひとつは、気象状況の変化があります。

以前の軽井沢は、寒冷地ではあったけれど降雪地帯ではなかった。でも、温暖化の影響で、最低気温と軽井沢の降雪量は年々上がってきていて、降雪地帯になりつつあります。今年も1m近くつもりましたしね。

日本人の冬のイメージとしてご指摘の通りの「雪国」の原風景が強いとの調査結果があります。降雪量が増えるほうが、軽井沢に冬のリゾートのイメージが醸成しやすいんですよね。プリンスが上手に軽井沢を、苗場みたいなスキーリゾートに演出をはかろうとしている節があり、そうなれば冬の動員が、今までとずいぶんと変わって行くのではないかと思います。

katchanさん>
トラバありがとうございます。興味深く拝見しました。やっぱり、どうしても感情論になってしまいますね。私は、大賀ホールの存在自体を否定はしません。ただ、日本を代表するマーケティングビジネスの会社のCEOだった人が作ったにもかかわらず、他の地方都市の箱と大差なかったことに落胆した次第です。

でも、同時にビジネスチャンスがあるのも確かで、katchanさんのトピで議論されてるように、何がダメかを冷静に分析し、そのダメなところを改善すれば言いだけなのです。大賀さんの思いをきちんと昇華させるためには、つくりっぱなしで閑古鳥がなかせることじゃないですから。

私は、常日頃業務で、世界最高益をあげる某遊園地の広告戦略の一端に関わっています。あれだけの収益を上げていられるのは、すべて、広告、マーケティング、運用サービスに顧客ニーズ至上主義が貫かれているに他なりません。

そういう視点をもちさえすれば、大賀ホールの立地条件を考えれば成功しないはずがないのと、私はおもっています。

というわけで、こちらからもトラバさせていただきますので、よろしくお願いします。

投稿: ta_tsu | 2005.05.11 10:47

多少の疑問を抱きながら我がブログでも取り上げました。やはり文化論をめぐって論戦が展開しました。
ご指摘の問題はよく理解出来ます。それにしても駐車場がないとは驚きです。これでは滞在者や町民から敬遠されますね。

投稿: katchan | 2005.05.11 10:28

~亀どころか蝸牛レスですみません~

タイヤに触らない人 :-D がターゲット、という話は納得です。
でもそう言う人はなおさら冬には冬季に行きたくなる場所(避寒)に行ってしまうような気がします。

冬には冬らしい(not避寒)ところへ、という動きを作り出せるでしょうか。

面白いチャレンジだと思いますが、大賀ホールには荷が重すぎるような気がします。
そもそも軽井沢って日本人の思う「冬らしい場所」とは、ちょっと違うような気がしますし。

ex)冬らしい場所=津軽?東尋坊?ニセコ?(微笑)

投稿: shi-ta | 2005.05.07 12:55

>ta_tsuさん私は住民でないから、町議会でど>んな議論がされているか知りません。住民
>の意識調査も知りません。

誤認していることを責めてはいません。
ご存知ないと思うので、この場でお話しているとお考えください。

>しかし、あの大渋滞、GWとお盆、はもう
>何年もまえからあったと記憶しています。

地元では、アウトレットができる前はこんなにひどくなかった。という声をよくききます。
軽井沢ICとアウトレットができたのがほぼシナジーしてますから、余計そう感じるのかもしれません。私自身は、関越方面から軽井沢にはいることが少なかったのであまりわかってないです。

>何やらやっているのかも知れませんが、
>実態が変わらないなら、事実誤認、誤解と言>われても、へーえそうなのか!?で抜け道を>走るしか私の頭は回りませんね。

というのは、カシオペアさんに限らず町民、常連の別荘住人の大半の意見だと思います。実際私もこのGWからパーク&ライドをやってるのを知らなかったし(自爆)。

てっきり夏からだって思ってました(^_^;

>町議会の議論と町民の意識とが具体的方策>に実現されるのを首を長くして待っていましょう。

カシオペアさんやTimさんが書かれていたとおり、一朝一夕では解決できないでしょうね。でも、07年までには緩和をはかってほしいものです。

交通渋滞だけでなく、いま、下水の問題も徐々に深刻になってます。軽井沢は合併浄化槽併用の自然浸透が多くなって着てますけれど、マンションやら集合住宅がふえたこと、建蔽率が見直されて狭い土地区分でも家が建てられるようになったことで、自然浸透の限界が来てます。井戸水を使ってる別荘もあるようですが、これらは、何年かすると飲用ができなくなるかもしれません。

>西武(ta_tsuさんの西部は誤記)
あ、本当だ(笑)。失礼いたしました。

>外国資本に買い取られ?るかも知れません>(本日の日経)。その方が案外さっさと実行
>に移されるかも知れませんね。

どうでしょうね。コンプライアンスがきちんとしている企業ならいいのですけど、どこぞの外資系投資顧問会社みたいに、ひどい所もありますから。

投稿: ta_tsu | 2005.05.04 10:14

ta_tsuさん私は住民でないから、町議会でどんな議論がされているか知りません。住民の意識調査も知りません。しかし、あの大渋滞、GWとお盆、はもう何年もまえからあったと記憶しています。

何やらやっているのかも知れませんが、実態が変わらないなら、事実誤認、誤解と言われても、へーえそうなのか!?で抜け道を走るしか私の頭は回りませんね。

町議会の議論と町民の意識とが具体的方策に実現されるのを首を長くして待っていましょう。

西武(ta_tsuさんの西部は誤記)は外国資本に買い取られ?るかも知れません(本日の日経)。その方が案外さっさと実行に移されるかも知れませんね。

投稿: カシオペアm101 | 2005.05.03 23:24

追伸です。
不勉強でしたが、実は、このGWからパーク&ライド実験始まってました。72ゴルフの横の緑地帯の一部や御代田駅前駐車場、などに無料で駐車場を提供し、シャトルバスを運行してます。

http://www.town.karuizawa.nagano.jp/Contents/View.asp?BOXNO=3107

投稿: ta_tsu | 2005.05.01 17:52

基本的にストップはかけません(笑)。ただ、議論として成り立っていない部分が続くのなら、レスはやめるつもりです。

カシオペアさんのレスを見て、どこがすれ違っているのかはちょっとわかりました。以下の部分に誤解、誤認があります。

>アウトレットと渋滞を直結して考える事に逡巡、抵抗があるようです。そこが堤マジックだと敢えて繰り返します。

逆です。町民の多くは、渋滞の原因=アウトレットと考えているのです。実際の調査でもそのような結果が出ているとのことでした。この部分を私の個人的な意見と誤解されているとおもいますが、町議の方から取材した話です。

>では、具体的にどうするか?~これを渋滞期間に臨時駐車場に彼等が責任をもってする。そこに彼等がシャトルバスを走らせ、アウトレットなり、何処なり、運ぶ。町・警察などはただ協力すれば宜しい。

ということが、今まで私が書いてきたことであり、町議会で議論されたことですね。

>しかし、町議会、町長、警察などがこうした発想を取れるかどうかは判りません。

ここも誤認されてるようですけれど、再三かいたとおり、すでにその方向でいろんな協議がされています。ただし西部関係の協力が得られるかが不明です。

>箱物行政で解決出来るなどとは誰も思っていないでしょう。

これも逆です。冬の観光資源として期待されると、町の広報誌にかかれています(>_<)。長野県民は長いこと箱物行政に浸ってきたので当然のように思ってしまうのだと思います。

以上が、今回のレスでわかる事実認識が異なっている部分です。

投稿: ta_tsu | 2005.05.01 09:48

ta_tsuさん、Timさん、待ったが掛かるまで続けて良いですから、もう少し書きます。文字では意思の疎通が図れなくなる限界に近づきつつあると、私は認識しています。いずれお目に掛かれるでしょうから、その時に議論が飛躍的に?発展する事を期待して、書きます。

大賀ホールのはなしから、夏のアウトレットの渋滞に話題が移っている面があり、後者が軽井沢全体として問題であるとの認識は皆さんに共通のようです。

私もそう思いますが、これは主として西武の、堤さんの仕掛けたマジックであり、そこに責任を取らせるべきだ、と申しました。

長野オリンピック、長野新幹線を歓迎した人は大勢居て、アウトレットと渋滞を直結して考える事に逡巡、抵抗があるようです。そこが堤マジックだと敢えて繰り返します。

では、具体的にどうするか?バイパスとプリンス通りの交差点から、あるいはもっと南から、ICから?、道路周辺に西武・国土が多くの土地を持っていると思います。これを渋滞期間に臨時駐車場に彼等が責任をもってする。そこに彼等がシャトルバスを走らせ、アウトレットなり、何処なり、運ぶ。町・警察などはただ協力すれば宜しい。

御殿場、上高地、・・・の例は因果関係がハッキリしていて、これが原因であれが起った、については関係者の共通認識があり、解決策にも共通認識を持てて、巧く行っているのだと、現場を知らずに思っています。

私は夏、GWの混雑はこうした新しい発想で基本的には解決出来ると思っています。しかし、町議会、町長、警察などがこうした発想を取れるかどうかは判りません。

冬に客寄せする事は元々なかった話ですから、箱物行政で解決出来るなどとは誰も思っていないでしょう。軽井沢100年の歴史でなかったことを始めるのですから、そのくらいの助走路と時間とが必要でしょうね。

投稿: cassiopeam101 | 2005.05.01 09:34

昨日から、大学時代のOB会の旅行にでたので、レスポンスが遅れました。

カシオペアm101さん>
面と線ってのは、面白いたとえですね。マーケでは、線の集合を面として考えたり、面をクロスさせて線を導き出したりします。

同じ説明を繰り返すのも、なんですから、端的に書きますけれど、軽井沢という面は、プリンスが目的の人や、別荘が目的なひと、ゴルフが目的のひとの線の集合で面が構成されているということになります。

ですから、面全体でひとつの解決策をとるのではなく、各線ごとの解決策を取っていけば、面は解決すると考えるわけです。Park&Rideは、あくまでプリンス渋滞の解決策にしかなりえません。それ以外の目的の方には、ご指摘のとおり不便この上ないでしょう。

ここを混乱されていると私は言いたかったのです。

ですが、私が書いて来たのは、あくまでショッピングプラザへのアクセスについての問題解決についてであり、軽井沢全体では無いのです。ショッピングプラザの駐車場を占めれば、行きたい人の多くは、パーク&ライドに従うでしょう。これには大挙してやってくるアウトレットお買い物観光バスも当然このなかに含まれますから、不便な他の離れた駐車場やホテルなどに止める人も居ると思いますが激減すると考えられているわけです。

ご理解いただけましたでしょうか?
ちなみに、これは私の個人的な考えではなく、町議で議論されている話を、この場を借りてご紹介したまでですので、誤解なきよう。

他の事案(線モデル)については、別の解決策を考える必要がありますけれど、今回はまだそこまで言及するには、私は勉強不足です
ので、もっと勉強した後に、また書きます。(^_^;

Timさん>
パーク&ライドの負担は、町としてもプリンスに求めていくという話(町議談)でした。当然ですよね。利益を得ている本人がやるべきでしょうから。

水戸の話は、水戸に居る有人から聞いたことがあります。ホールの目的を明確に共有する必要があると思いますね。実際軽井沢の人がチケットを買うための公園だとすれば、町の人口のキャパシティに対してホールがでかすぎると私は感じています。

投稿: ta_tsu | 2005.04.30 21:42

<park & ride>
御殿場のアウトレットもこのシステムをとりいれていますね。
このアウトレットの駐車場までは多方面からアプローチできますが、駐車場からアウトレットまでは直線上で移動します。

軽井沢アウトレットでは、駅前の駐車場を閉鎖し72ゴルフの東コースを大駐車場に改造し、そこからバスによる輸送が考えられます。
park & rideはアウトレット設置者の英断と負担によってなされるべき事業ではないでしょうか。 

御殿場では交通渋滞の解消を十分とは言えませんが、アウトレット側の自助努力で取り組んでいるように見うけます。
軽井沢町にアウトレットに関する交通渋滞解消費用の負担を求めるのは気の毒です。

<特定目的ホール>
水戸芸術館がかつて市民や県民の意向と異なった会館運営路線を歩んだとき、チケットの不買運動が起こったことがありましたね。

軽井沢町民が特定目的ホールの運営方針をどのように考えるかによって、このホールの性格も変わるのではないでしょうか。
町で唯一の大型会館ですからね。

投稿: Tim Gardner | 2005.04.29 12:27

Timさんの新たな問題提起で話題が新たなはってんしているようです。

> たぶん、混乱されているとおもうのですけれど。
私も誰も混乱していないとおもいます。

>上高地、乗鞍、黒部、千畳敷など、一般車を締め出して、ふもとの駐車場に止めさせて、そこから先は専用の交通機関のみにしているところは多くあります。軽井沢町議もこれを例にしていました。

成程、これがモデルなんですか。これは線モデルですね。ここを閉じて、代案を出せば、それを利用せざるを得ないでしょう。嫌なら、行かない、しか選択肢はないですね。

軽井沢は平面モデルです。一箇所である提案をしても、嫌なら、別の場所から自分勝手に自己流で入り込めるでしょう。それに一番多いのは多分トラックでしょうから、こうした一般流通を含みながら一部の観光流通のみを規制することは出来るのでしょうか。

あくまでもICでこういうチョイスがあります、と提案するのであって、それを受け容れる客がいるかどうか、でしょう。

それから、新幹線、アウトレットなどなどは堤さんが堤流にやったことで、その後始末を町だけが考えるというのは、オカシナな話でしょう。堤マジックがイカナルものっであったか、は明らかになりつつあるのですから、もっと大きな、広い枠組みで考えるべきだと、私は思います。

枠組みの話にさらに話題を広げました。ta_tsuさんの裁量で如何様にも取り仕切り下さい。

投稿: cassiopeam101 | 2005.04.28 16:58

Timさんコメントありがとうございます。

>別荘住民や観光客等町外の人を対象とした施設が大きな赤字をだした

大賀ホールは、町が地元の観光収益と別荘地需要を拡大するための商材ですから、投資として穏当な範囲であれば、赤字は許容されるでしょう。逆に、プリンスショッピングモールのように、あまり地元に利益還元が無く、そのアクセスによって道路や環境負荷などの消耗が大きいものについて考え始めてるみたいです。

なかでも、今、問題になっているのは、高齢の新住民の保険利用率の増加です。都会育ちの新住民は、体が弱く病院にかかることが多いんだそうです。そのため、今までは余裕があった、町の保険・福祉財政にボディブローのように効いてきてるようです。

しかも厚生年金で暮らすリタイア族な方々は、年収がさほど高くないので保険負担や税負担も少ない。住民票を都会に残していてくれれば、軽井沢で病院に通っても、町の保険負担は増えないから逆に儲かってたんでしょう。

軽井沢のビジネスモデルって、知れば知るほどいびつだなと実感する今日この頃です。

投稿: ta_tsu | 2005.04.28 13:05

軽井沢には赤字の施設はかなりあるはずです。それが軽井沢地元住民のための施設であれば町は財政負担をするでしょう。
しかし、別荘住民や観光客等町外の人を対象とした施設が大きな赤字をだしたら町の反応はいかがでありましょうか。

別荘住民が歓迎されている(?)とするならば税金は払うが反対給付の行政サービスは最小限で済むからでしょう。別荘住民は軽井沢の財政に貢献こそすれど、財政の脚を引っ張ってはならないのです。

新ホールの運営で多額の赤字がかさめば、特定目的のホールを維持できなくなり、いずれは気軽に使える多目的ホールへの変身を余儀なくされるでしょう。

新ホールが特定目的のプライドを維持しようとするならば、ハード、ソフトの両面から徹底した検討を必要とするでしょう。

投稿: Tim Gardner | 2005.04.28 12:50

カシオペアm101さん>

たぶん、混乱されているとおもうのですけれど。

>プリンスショッピングプラザは夏場は、隣接
>の駐車場を閉鎖して、碓氷軽井沢IC付近
>に駐車場を設けて、そこからシャトルバスを
>運行しろと。

というパーク&ライドです。「夏場」「プリンスショッピングプラザ」を読み落とされてしまったようですね。

夏の軽井沢への観光客のうち、プリンスショッピングプラザのみ目的で来てる車や人が非常に多くなっている現状があり、その人たちの車は町内に入れないというのがこの話の骨子ですから、冬場や別荘や観光地を巡回される方々は対象ではないのです。

>日本のどこかで成功した例はあるのでしょうか?

上高地、乗鞍、黒部、千畳敷など、一般車を締め出して、ふもとの駐車場に止めさせて、そこから先は専用の交通機関のみにしているところは多くあります。軽井沢町議もこれを例にしていました。

>私の考えはノーマルタイヤで来るど素人、
>都会風運転者を時間を掛けて教育・指導し
>て、雪道を走る楽しさを判って、経験して、
>また来て見たい、と思わせるところにあるの
>です。

おっしゃることは十分理解できますし、同感もできます。私自身、今までに3度、氷上を使ったアイスバーンドライブテクニックのセミナーとタイムトライアルに出ていますので。

でも、同様にこの教育プログラムがものすごく大変であるのも実感してます。氷上のクローズドのコースを使っていても、雪の壁に突っ込んで車を壊す人が必ずいますから。実際の道路にだすのは、まず無理でしょう。

むしろ、これまたパーク&ライドになりますが、ノーマルタイヤの車を駐車場においていってもらって、電気自動車の4駆で、スタッドレスをはかせたようなシティコミューターを貸し出す方がリアルだと思います。

実際にそういうことを事業開発しようとしている友人が居ますので、近い将来そうなる可能性は高いかもしれません。

投稿: ta_tsu | 2005.04.28 01:18

ta_tsuさん、ではもう少し議論しましょう。park&rideはアメリカの真似でしょう。真似でもいいですが、日本のどこかで成功した例はあるのでしょうか?ここらはta_tsuさんのご専門と拝察、邪推か。pak&rideではお仕着せのコースを回るだけで、リピーターになりますかね。

私の考えはノーマルタイヤで来るど素人、都会風運転者を時間を掛けて教育・指導して、雪道を走る楽しさを判って、経験して、また来て見たい、と思わせるところにあるのです。

park&rideは簡単でしょうが、楽しむ人は少数と思います。ノーマルタイヤでどうぞ!とやって、危険はありますが、それをこちらも学習してカバーするのです、リピーターを増やせると思うのですが・・・。

投稿: cassiopeam101 | 2005.04.27 19:05

カシオペアm101さん>
>大賀ホールの話題からずれて結局冬場の客をどう考えるか、に話が変わってきているように思いますが。

大賀ホールに寄せている地元の期待は、まさに冬場の経済効果なんで、はずれてきてはないです。ある意味、夏場は、すでに飽和状態なので、むしろ車も客もある程度抑制したいとの考えを耳にします。

代表例が、カシオペアm101さんの、提案とは真逆ですが、碓氷軽井沢ICからのパーク&ライドです。夏場、日帰りで買い物目当てだけのプリンスショッピングプラザの渋滞のために、別荘や、ペンションやホテルに泊まりに来るお客(上顧客)が迷惑をしているので、プリンスショッピングプラザは夏場は、隣接の駐車場を閉鎖して、碓氷軽井沢IC付近に駐車場を設けて、そこからシャトルバスを運行しろと。町議の中には、それぐらい儲かってるはずだから当然だ!といきまく人もいます。

確かに、軽井沢の町の財政の7割は別荘などの不動産物件の固定資産税であり、プリンスが納める法人税の比ではないですから、収益の本丸である別荘に来る人々のホスピタリティを優先するということになるのだと思います。

私は、この考え方は、乱暴だけれど合理的であると思ってます。その考え方をベースにしたうえで、冬場、軽井沢の別荘に来ても、楽しめるなにか文化施設があれば、というのが大賀ホールのお題目の一つになっているのです。

軽井沢の高級リゾートというブランディングを維持するに当たって必要なのは、高級な方々を満足させるホスピタリティなんですよね。そういう高級な方々が来てくれれば、それに、あこがれる庶民が自然と集まってくるからです。全体の利用者の2割が、残り8割を誘引するパレートの法則どおりです。

下種な感じですけど、これは、あらゆる高級ブランドのブランディングの基本なのです。

だから、shi-taさんにレスしたように、自分自身でチェーンを巻いたりスタッドレスタイヤに交換したりするようなゲストは、ターゲットではないということなのです。

わたしは、当然ターゲットから外れてますけどね(^_^;

投稿: ta_tsu | 2005.04.27 11:41

大賀ホールの話題からずれて結局冬場の客をどう考えるか、に話が変わってきているように思いますが。このまま続けるかどうかはta_tsuさんのお考え一つです。

私の考えをちょっと披露すると、夏はもう客寄せは考えなくて良い。冬どうやって客寄せするか、です。

冬車で来る人の殆んどはノーマルで来たがる。あるいはノーマルでどこまで来られるか、と訊ねる。

そこで碓氷軽井沢ICなどにスタッドレスタイヤを全車に用意して、貸し出す。タイヤにはICタグを埋め込んで、何処を走っているか、ITハイテクでモニター出来るようにする。パトロールも用意して、スタックしたらお助け隊になる。

こうして冬の雪道運転の楽しさ、軽井沢の楽しさを教える。タイヤを買うより安いお値段で貸し出しして、ペイすると思いますが・・・。細かい計算は出来ません。

でも、ホテルも冬は空いていて困っているからこれで客寄せ出来ないかな。

投稿: cassiopeam101 | 2005.04.26 18:46

shi-taさん、コメントありがとうございます。

>寒い時にチェーンを巻いて軽井沢に行くか?

基本的に、チェーンを巻いて来る人は、ターゲットユーザーではないですね;;(ごめんなさい)。

スタッドレスを持っていて、軽井沢の別荘に冬でも来る人。それらの来る頻度をあげるのもひとつの目的かと。

投稿: ta_tsu | 2005.04.25 23:39

私も冬は休業を考えてました(^^;
だって、寒い時にチェーンを巻いて軽井沢に行くか?というと、南関東の人間にはなかなか踏ん切れません。
湘南だってオフシーズンはありますし、初夏から盛夏に掛けてこそ、人は軽井沢まで行っても音楽に浸ろうと思えるのではないかなぁ、とおもいまして。

オフシーズン、ハイシーズンの人出の差が激しいことが様々な問題を引き起こすことは考慮していません(_O_)
でも、軽井沢町がリゾートの看板を掲げたいなら、人出の落差は受け入れるべきリスク(?)だとも思います。
この時期にはココ、あの時期にはアレ、とその場所が舞台装置の一部だから人が集まるという面もあると思うので。

(以上、文が舌足らずでスミマセン)

投稿: shi-ta | 2005.04.25 18:32

カシオペアm101さん、いつもコメントありがとうございます。ちょっくら、茨城付近にドライブに出ていたので、レスがおそくなりました。

もちろん、冬場は休業です(^_^;)
夏の軽井沢の趣きとしてでしすね。夏の観光商材は十分!って言われそうですが、娯楽自体は少ないですから。

冬場は、ホールへドア2ドアでいけるようにするのが一番いいでしょう。感じのよいクロークと暖かい飲み物があって、ちょっとおしゃれしてホールにいっても雪を気にしなくていいような。

投稿: ta_tsu | 2005.04.24 09:42

shi-taさん、ta_tsuさんこんばんは。野外ステージのアイデアは結構ですが、私は軽井沢の寒さを考えるとちょっと悲観的です。cabrioretに乗るような格好で、観客、演奏家にそれぞれの身支度と温度制御とを用意出来るでしょうか。昼間の演奏なら兎も角、夜の演奏はとても無理と思いますが、どうでしょう。

投稿: cassiopeam101 | 2005.04.22 21:20

野外ステージも併設したらよかったですよね。
私は、とあるイベントで箱根の彫刻の森美術館での演奏会を経験していますが、本当にすばらしい環境です。とくに夕方から始まると、山々や森が夕日にそまり、やがて空が徐々に藍色にかわって漆黒に変わる時間の流れと、演奏がなんともシンクロしていくような。

そういう空間を軽井沢がもてれば、すばらしいと思いますね。

投稿: ta_tsu | 2005.04.22 14:01

tatsuさんのこの記事をふまえて、ですが、大賀ホールの「大賀典雄氏ご挨拶」の中で氏は、
「唐松の林を散策しながら小鳥の声を聞けば、ベートーベンのように音楽が心に浮かんできます。」
と書いておられます。

この一節を読んで、この“風の中を散策しながら聞く音楽”というのが軽井沢に最も似合った風景のような気がしました。オープンエアな場の方が軽井沢風だと。
室内でなら、都市でもどこでも聴けるわけで。

ホールって、必要だったんでしょうか。
確かにオーケストラには必要なのかもしれませんが・・・

投稿: shi-ta | 2005.04.22 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23328/3803176

この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢・大賀ホールは、なにが駄目か。:

» 退職金をもとに建設した「本格派」 [僕の伝言板 http://www.kcc.zaq.ne.jp/happy-retire/]
ソニーの大賀典雄名誉会長(75)が退職金をもとに建設、軽井沢町に寄贈した音楽ホールがこのほどオープンした。約11億円をかけて造られたホールは、平行壁面のない5角形の本格的なもので、世界的にも珍しく、音響効果に優れているという。 大賀元社長といえば東京芸大学声楽科から、ベルリンに留学し、ソニー創設者の井深大氏との縁から入社したという珍しい経歴からも、音楽についてはいわばプロ。盛田昭夫前社長の大抜擢によって1982年に52歳の若さで社長に就任。会長を経て取締役会議長。2003年名誉会長に退いたときに「退... [続きを読む]

受信: 2005.05.11 09:32

« 遅霜 | トップページ | 遅まきながら »