« 軽井沢駅にはサンタがいっぱい。 | トップページ | 今朝の浅間山 »

2005.11.25

2年目の憂鬱?

050926_070901.JPG軽井沢移住の先輩たちが口を揃えて言ってたのが「越してきた最初の1年は、日々、新発見や新体験で、あっと言う間にすぎるけど、概ね経験ずみの2年目こそが退屈で辛い」と。

このBLOGを読み返してみても、確かに日々ニュースの連続だった。カッコウの声に始まり、自宅での週末バーベ三昧、お祭りに花火大会、豪雨に降雹、猿の襲来に浅間山の噴火、氷点下の朝、霧氷に初雪などなど。初めて体験するような自然現象てんこ盛りだった。


 

さらに町内や近隣のカフェ巡りや、グルメ探訪。お隣の佐久や御代田、高崎、前橋に止まらず遠く上田、長野、松本と100キロ超圏にまで足を伸ばした周辺地域探訪に明け暮れる毎日だった(笑)。

それに比べ今年は、知らず知らずのうちに去年のイベントをトレースすることも多く新天地探検がすくなくむしろ県外にでることが多かった。そう言う意味で、ここまでのところは、退屈しなくてすんだ。

しかし、その2年目も半年を過ぎ折り返し、いまから来年の春までの寒い冬を、どう楽しめるかがポイントかも知れない。とくに雪が降る前は、寒さばかりが身にしみて辛いのも確か。去年はこの寒さすら初体験の楽しさが勝っていたから苦にならずに済んだからねぇ。

はてさて、いかがなりますやら(^_^;

|

« 軽井沢駅にはサンタがいっぱい。 | トップページ | 今朝の浅間山 »

軽井沢町のこと」カテゴリの記事

コメント

sarasaさん>
うちの1年目は、浅間山の噴火とか、新潟の震災とかいろんなことが目白押しでしたから、いっそうイベント感が強かったですね。2年目は憂鬱とかいたけれど、どちらかと言えば退屈が正しいかも。ある程度人間関係もできてしまって、新しい出会いはそれほど多くないし、ご近所との付き合いも順調だし。

土地は、いろいろ見ましたけれど、本当に難しいですね。どれみても『帯に身近し襷に流し』に感じちゃうんですよね。でも、それって自分たちのイメージ力の不足もあるかなーって思ってます。ダイヤの原石たる土地を上手に見切れるといいのですが;;

投稿: ta_tsu | 2005.11.27 17:52

なるほど、1年目は非日常、2年目は中だるみ(?)、そして3年目からが日常ですか…
心しておきます(笑)
いよいよ土地ご購入ですか!すばらしいですね。
私はまだ仮の宿さえ手配できていませんが、すでにココロは軽井沢妄想状態に入っています・・・(笑)

投稿: sarasa | 2005.11.26 15:02

juriさん>
ぼくは、あまりそう感じないのだけれど、かみさんはそんなこと言ってますね。僕自身は、正直あまり寒く感じてなくて、夜とかも薄着で出歩いちゃってます。

moutonさん>
ないです(キッパリ)。去年のようなイベント感はうすれましたけれど、退屈な日々ではないので。ちなみに先輩諸兄たちによれば
「3年目から普通の暮らしを楽しめるようになるよ」
ですから(笑)
今月中に土地も購入決定の予定なので、来年は拙宅の建築に追われる日々になると思います。

やっぱり、1年目は、外から入ってきた人間として、めずらしさで日々が過ぎていったのですが、2年目は、地元の知り合いや友人も増えて生活の基盤ができ、町民意識の元で東京や横浜に遊びにでました(笑)。

投稿: ta_tsu | 2005.11.25 17:17

もしかしてUターンもアリですか?

増えたクルマ達も一緒に?

投稿: mouton | 2005.11.25 13:46

確かに、初めての冬は寒さが気になりませんでしたが、2年目からは気温は大して低くないのに寒さばかりが気になるようになりましたね(苦笑)

投稿: juri | 2005.11.25 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23328/7308714

この記事へのトラックバック一覧です: 2年目の憂鬱?:

« 軽井沢駅にはサンタがいっぱい。 | トップページ | 今朝の浅間山 »