« 今朝の軽井沢【雪のち晴れ】 | トップページ | 白糸の滝 »

2006.03.03

犬煙権ってか(笑)

434479_2264821167 今の軽井沢の飲食店やホテルにおいては、お犬様をもてなさずして商いは成り立たないと言われている程、お犬様は優遇されている。カフェはもちろん、リストランテもビストロもオーベルジュもホテルもペンションも犬持ち込みOKだ。これが同じペットでも、猿や猫、ペンギン、狐、狸とは違う(笑)。

私も犬は好きで、子供の頃には柴犬飼っていし、親類のスバニエルやポメラニアンを長期預かったこともある。犬がよき友人であることも解っている。しかし、自分の犬がいかに愛らしいかの同意を、他人に強要したり、犬が苦手な人に対して、うちのは大丈夫だから!といって無理矢理馴染ませようとしたり、犬を抱えて運転したり、人込みのなか、踏まれそうになる犬を、無理矢理連れ歩いたりもしたことはなかったし、したいと思ったこともない。

こんなことは犬を飼い始めた頃に、親に叱られたり諭されたりして、犬の気持ちや回りの人の気持ちや迷惑を考える思いやりとしてわかっていることだからだ。だが今は、情けないことに自らのペットを溺愛するばかりで回りを見ず思いやらない飼い主が目立つ。

朝、駅に向かう道すがらに良くでくわす、ブルーのMBの女性運転者は、得意げに犬を抱えて乗っており、ウインカーも出さずに交差点を曲がるわ、渋滞の先頭になるほど低速運転してるのに、真っ直ぐに走れないわと、メチャメチャな運転だ。助手席に乗っている旦那も含めて、いい年してるだけに、ただただあきれるばかりだ。

また町内には、散歩が面倒と朝晩に大型犬を離す輩がいる。うちの犬は噛みませんって真顔で言ってるから弱る。噛むか噛まないか犬に聞いたのか?噛まれた人が出たときには、そんなはずないんですけどねーと言うのが目に浮かぶ。

欧米では、ペットは家族として扱われているけれど、それは子供同様に家族として、きちんとしつけられているから、成り立っているのだ。だが、こういう犬ヲタの人たちは、そもそも家族である子供でさえ、子供の個性を尊重するってことを勘違いして、放し飼いにしてる人たちだから、こりゃどうにもならん。

世の中の犬好きの人たちが、こういう飼い主ばかりで無いことは重々承知しているけれど、前述のような犬ヲタを目の当たりにみると、地元の人たちに別荘や都会からの移住者に犬ヲタが多いって聞くと、やっぱりなーってうなずいてしまう。

最近では、犬煙権(犬を煙たがる権利)なる言葉も出ていて、犬持ち込み不可のカフェやレストランをリストアップしている人たちも出てきてる次第。飼い主にほんのちょっとだけ理性と分別があれば、こんなみっともないことにならなくて済むのにな。

ちょっとの分別と理性、もてませんかね?

|

« 今朝の軽井沢【雪のち晴れ】 | トップページ | 白糸の滝 »

軽井沢町のこと」カテゴリの記事

コメント

kumaさん、コメントありがとうございます。

おっしゃられてることは、ごもっともなことですが、私は、欧米賞賛なわけではないです。kumaさんが、家族なんてとんでもない、というのならば、ではどう扱っているのかなを教えていただければとおもいます。自分の知人の英国人やイギリス在住の日本人との話を踏まえて書いたので、kumaさんのご意見も、彼らにメールで振ってみたいと思いますが、たぶんKumaさんが見られたひどいやつらに対して、おおいに憤慨するでしょう。

それぐらい彼はペットと人間の関係に誇りを持っているからです。これは日本人には、ないことですよね。ピンきりはどこでも同じだと思いますし、だからといって『欧米にだってできてないやつはいっぱいいるから、日本人ができてなくったっていいじゃないか』ってことになるのは、ちょっと違うと私は、おもいます。

>うちの犬がキャンキャンうるさいから噛まれて当たり前

細かい話はこれだけでは、わかりませんが、『きゃんきゃんうるさかった』ということに、問題があったのではないか?って意識はもたれませんでした?いや、それは先方が勝手につけた言いがかりかもしれませんが、飼い主には気にならないことだとしても、周りの犬にはきついことだったのかもしれません。

このエントリで書いてることも、そこのあたりは一緒です。
飼い主が自分の犬に対する問題意識をもたな過ぎるといいたいのです。

もちろん、だから噛まれて当然だとは思いません。

私も子供のころに飼っていた柴犬をドイツシェパードにかみ殺されたことがありましたが、うちのはあまりに鳴かなかったので、かまれたことに気がつかず手遅れになりました。もっと啼いてくれていれば、夜中でも起きて犬を追い払えたのにと、悔しくて泣いたのを良く覚えていますので。


P.S で、ゴミ袋のについて、お探しだったことはみつかりましたか?なにかご質問があれば、わかる範囲でお答えできるとおもます。

投稿: ta_tsu | 2007.01.29 07:57

軽井沢の指定ゴミ袋を探していたら、ここにたどり着いたんです。あれ? ここで、欧米の犬についてやっぱり一言。米のことは知りませんが、まず欧州では犬は家族ではありません。日本のように犬を扱ったら、非常識なヤツ扱いされます。躾に関しても、別に欧州が進んでいるとかはありません。ヨーロッパの人は神様じゃなくて、ただの人間ですから日本と同じくピンキリです。夏のバカンスに連れていかれないワンちゃんを高速道路に置き去りにする人は後を絶ちません。スキーに来てボクサーを雪の中に捨てていった輩もいます。うちの犬も近所のベルギー・シェパードに噛まれましたが、飼い主が言うにはうちの犬がキャンキャンうるさいから噛まれて当たり前。謝罪の言葉はありませんでした。こんなこともありますので、日本人はしたり顔で欧米では…というのは、どの分野においてももうやめるべきですね。日本人の悪いくせです。欧米人が鼻くそ食べても、欧米では…って言いますでしょうか?

投稿: Kuma | 2007.01.29 00:30

たさん>
はははは。情けないやら。
きっと根本が間違ってます。

カシオペアさん>
『犬を猫かわいがり』って面白い。でも、猫って結局飼う動物じゃなくて、共生する動物なんですよね。奴らはギブ&テークだから。

飼い主が一緒についてるだけ、まだましです。うちの近所は、完全に野放し。しかも夜間だから、飼い主は寝てるし。ひどい話です。

投稿: ta_tsu | 2006.03.04 18:17

欧米の話が出ていましたが、日本の例と比べるには背景を問題にしないと混乱するのかな、と思います。
キリスト教の世界では、多分新教・旧教を問わず、人間と動物とは厳然たる区別、差別があります。差別があって、その上で可愛がっているのだと私は理解しています。日本の場合はそこが違うように思います。犬を猫可愛がりしている人々を見ると、多くは子供のように扱っています。もくれんさんの例なんか典型的です。古い言葉でお座敷犬と言いましたが、今は多くの犬がお座敷犬化して、しかも何にも躾されないでいます。犬は飼主に似るとも言います。当たっていますね。
我が小屋の近くにも放し飼いで散歩する飼主がいます。当人に言っても分からないので、警察に電話して尋ねたら、担当は保健所だそうです。佐久市の保健所のようです。その先はまだやっていません。飼主の住所氏名が必要なんでしょうね。散歩について行かなきゃ。

投稿: cassiopeam101 | 2006.03.04 06:32

うちの施設 フェンスが無かったのだが、とある理由でフェンスを構築中
で、お馬鹿な犬ヲタ様が「散歩の時に うちの犬が糞する場所が無くなるので困る」とクレームをつけにいらしたとさ
うちの敷地はトイレか?と小一時間 よってたかって返り討ちでしたが・・・・(爆)

投稿: た | 2006.03.04 01:45

犬が好きな人にも、ちゃんと飼っている方は大勢いるんですけどね。犬をアクセサリみたいに持ち歩く心無い人たちのために、大きな問題になりつつあるのは確かです。

糞尿の処理にしても、コンビニのゴミ箱に捨てていく人や、人の敷地のなかに土もかけずに放置するひと。暖かい季節ならば、土をかけておけば広い林や森の片隅で土に戻すのは、おおいにかまわないと思うのですが、冬場の大地が凍っているときに、そのまま放置し暖かくなったときに、いっきにハエがわいて大変なことになるということを、まるで考えてないんですよね。

無知すぎると思う今日この頃です。

投稿: ta_tsu | 2006.03.03 23:27

誤字がありました。
>顔お
顔を です。失礼しました。

投稿: もくれん | 2006.03.03 18:05

数年前に湯の丸の方にある滝で、私が手で水を汲み飲んでいるところに、犬連れのご夫妻がいらっしゃり、
「この子に飲ませても大丈夫ですか?」
と質問されました。
私は顔お挙げ子供を捜したのですが、そこには犬しか居ないのです。
キツネにつままれた感じで、先方が何を言っているのか訳が分かりませんでしたが、しばらく考えると、私の飲んでいる水を犬に飲ませて大丈夫か?という質問だったようです。

私は犬以下か!?

投稿: もくれん | 2006.03.03 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23328/8916091

この記事へのトラックバック一覧です: 犬煙権ってか(笑):

« 今朝の軽井沢【雪のち晴れ】 | トップページ | 白糸の滝 »