« 町長選挙が終わって思うこと【次にむけて】 | トップページ | 今朝の軽井沢【晴れ】 »

2007.01.30

町長選挙が終わって思うこと【選挙制度について】

軽井沢の町長選は、はっきりいってお粗末なものだった。

なにが、どうお粗末なのか。

・選挙前の候補者情報が少なすぎる。たった一回の公開討論会だけしか開かれず、しかも事前の広報が無くて、ほとんどの人は知らないままだった。選挙日前日に新聞と一緒にはいっていた広報に書かれた内容は、現職は今までやってきたことを並べただけで、対抗は、具体的なビジョンの無い公約ばかりかかげられており、実現できないだろうなという印象しか受けなかった。

この状態で、何をどう判断して投票するのか、非常に難しいけれど棄権するのは自分にとっては最低なことなのでどちらかに入れるべく、悩みながら選挙にいった。

で、思ったのは、こういう小規模の地方自治体の選挙では、不信任票も入れられたほうがいいということ。具体的には、マイナスの一票だ。今の選挙はプラス票の積み上げで当選者が決まる。候補者に自分が選びたい人が居ないときでも、どちらかにプラス票をつまなければいけない。棄権という選択もあるけれど、これは母数がへることでの選挙の精度を下げることでしかない。

だから、マイナス票が欲しい。マイナス票とプラス票は択一で同じ一票として扱う。

だから選挙民は、支持したい候補者がいれば、その人にプラス票をいれればいい。入れたい候補者が居ない場合は、こちらの候補者はダメという意志をマイナス票でいれる。双方マイナス票ばかりが入った場合は、両者が不信任ということで再選挙をすればいい。信任と認める票数は、有効投票数の1/2とかにしておけばいい。

そんなことしたら、再選挙ばかりでコストがかかるという意見もあるだろうけれど、選挙にこなかった人からこれらのコストを徴収するのはどうだろう。出不足金だ(笑)。再選挙が増えれば自腹が痛むから、みんなはっきりとした意識をもって選挙に来るはず。公職選挙法の改正が必要だけれども、国政選挙では無理だけれど、町村レベルなら実現できるのではないか。

どうでしょうかね?

|

« 町長選挙が終わって思うこと【次にむけて】 | トップページ | 今朝の軽井沢【晴れ】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

軽井沢町のこと」カテゴリの記事

コメント

ホワイトさん、熱いコメントありがとうございます。
おそらく検索でこちらにたどり着かれたとおもいますが、エントリーの日付を見ていただければわかるとおり、これは2007年の前回の町長選について書いたものでして(笑)

今回は、前回に比べ情報も豊富でしたし、各候補者や支援者の方々の草の根活動も盛んだったので各候補者について十分な情報があったとおもいます。自分は当選した候補者に投票しました。

町議選についても楽しみにしております。

投稿: ta_tsu | 2011.02.17 09:34

町長選挙の情報が少なかったということですが、
公開討論会は1月16日と1月20日の2回行われ、FM軽井沢の放送でも1月9日から3回も放送されました。
また、軽井沢新聞の12月10日に発行された12月・1月合併号では各候補に具体的な質問がしてあり、それに対して候補者が答えていて、考えの違いもわかるようになっていました。
20日の討論会は軽井沢青年会議所が主催し、司会者はプロの人が行って進行は上手でした。
軽井沢の町長選で、今までこれほど立候補者が意見を交わしたということはなく、顔を合わせて何回も討論したというのは初めてです(前回は1回のみで、新聞のアンケートやラジオ放送はなかった)。
こうした情報をきちんと拾っていたら、もっと各候補者の意見の違いがわかったことでしょう。
情報は、軽井沢駅やスーパーツルヤにある軽井沢新聞に載っていますし、FM軽井沢でもまめに知らせています。
4月には町議会議員選挙がありますから、ぜひ、チェックしてみてください。

投稿: ホワイト | 2011.02.16 23:48

カシオペアさん>
面白い話ですね。自分でも調べてみます。情報ありがとうございました。

投稿: ta_tsu | 2007.02.03 22:09

年寄りのコメントです。昔、半世紀前、私が高校生の時、社会科で習った事を思い出しました、怪しいですが。昔、ギリシャの民主主義が最後は崩壊して、社会が、国が、滅びた。何故か?その原因のひとつが、ここで言うマイナス投票、のようなものであった。怪しいので、調べますね。このことでta_tsuさんの提案を直ちに却下しようと言うのではありません。ただ、年をとると、昔こういうことがあったなあ、と気になるだけです。

投稿: cassiopeam101 | 2007.02.02 20:54

コメントいただいたのにレスが遅くてすいません。仕事が立て込んでいてなかなか時間が取れませんでした。

tooyさん>
>意図的に投票率を上げないような公報ぶりだったように感じるのは私だけでしょうか?

確かに情報が少なかったのですけど、選挙法にのっとった形であるのは事実です。現職側は、年末まで対立候補擁立が無いと思っていたようですから、無風とたかをくくってプロモーションしなかったのではないでしょうか。

やはり対立候補である上原氏の活動開始が遅く、現職へのアピールが弱かったことで、緊迫感がなくなったと感じました。

GIGIさん>
大いに疑問が残ったのは私も同じ気持ちです。そういう意味で、4年後に向けて何をすべきかがはっきりしたと感じました。

投稿: ta_tsu | 2007.02.01 15:08

僕もそう思っていました。
唯一、町民がダイレクトに町政に参加できる「選挙」がこの状況じゃ、選挙をする意味がない。確か最高裁の判事なんかには不信任票というのがあったような…(違うかな?)
選ぶ票と選ばない票がほしい。今回特にそう思いましたね。AかBかしかないものを否がおうでも選ばなければいけない、Aだけだったら投票するか棄権かしかないという現行の選挙制度、このような小さな町には違うような気がしてます。 これで町政は良くなるのか大いに疑問が残る選挙だった気がします。

投稿: GIGI | 2007.01.31 12:10

ta_tsuさんの提案に1票!同じようなことを考えていました。マイナス票は1つの意思表示ですから、どちらか選べって選べないときは有効ですよね。それに信任下限が1/2以上っていうのも必要でしょう。今回の様に投票率2/3しかないと当選した現職も約1/3しか信任されていないってことですから、これで当選ってあまり納得がいきません。住民の生活に直結する市町村の選挙レベルだったら是非取り入れてもらいたいですね。投票に行くのは住民の義務だと思っていますので、理由もなしに行かないのは罰金制もいいと思います(笑)。それにしても今回の選挙、意図的に投票率を上げないような公報ぶりだったように感じるのは私だけでしょうか?

投稿: tooy | 2007.01.30 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23328/13615196

この記事へのトラックバック一覧です: 町長選挙が終わって思うこと【選挙制度について】:

« 町長選挙が終わって思うこと【次にむけて】 | トップページ | 今朝の軽井沢【晴れ】 »