« 今朝の軽井沢【晴れ】 | トップページ | 匠の仕事進行中。 »

2007.05.23

第一期工事完了。

Img_0439_1ここのところ、記録用の写真はとっているたもののエントリーしてなかった新居の工事だが、先週末に基礎関連の第一期工事が完了した。

見てのとおり床下は点検のためのスペースが作られていることもあり迷路みたいで面白い。

Img_0443Img_0442

こちらは、玄関部分と玄関横のカーポート部分。右写真を見てわかるとおりカーポートには壁(出桁)がついて母屋の大屋根と一続きの小屋根が付く。





Img_0435

Img_0441

左写真はウッドデッキ下の塚石。そっけないコンクリートブロックではなく天然石を削ったもの。なるべく丸いものを建築家がチョイスした。右写真はカーポート奥の浄化槽部分。

 

Img_0444

カーポート下を流れる小川(用水)は、いい感じで繁ってきた。このぐらいの状態を維持できるように、夏場は草刈りをしないといけない。

このまま基礎の乾燥と基礎周りの埋め戻しの地盤が雨などで押し詰まるのを待って6月第2週から第二期工事の開始となる予定。


|

« 今朝の軽井沢【晴れ】 | トップページ | 匠の仕事進行中。 »

マイホーム」カテゴリの記事

コメント

建築家とも話してますけど、床下の処理は土地をみて考えないといけないものだから場所それぞれになっちゃうのは当然でしょうね。また、住む人のライフスタイルでも変わってくるわけで、昼間人気の無い家と、一日中なかに誰かいて暖房なり換気なりがされてる家とでも変わってくるそうです。

投稿: ta_tsu | 2007.05.24 17:35

床下に関しては本当にいろいろありますよね。
却下した工務店は密閉の床下暖房でしたし
また違う所はただの通気口でした。

うちのような室内と床下の両方から強制排気して意味があるの??
それだと空気の移動はあるの??
室内だけ排気で床下は通気だけいいのでは?と今でも思ったりします。。

実際何が正しいのか答えも出ていないといいますか
やはりその地域によっても違いがあるのでしょうね。
ありがとうございました。(^^)

投稿: greenhill | 2007.05.24 00:35

床下の処理は建築家ともいろいろ相談して、とりあえず強制排気なしの密閉で行く予定です。ただし基礎には地面からの湿気や結露がおきにくいようにバンデックス防水という防湿工事を行います。

というのも軽井沢は、その土地柄、朝晩に地面に近いところから霧が立ち上がってきてカビをよぶんです。今住んでる拙宅は古い和風建築で床下はスルーになってますが、畳に直にふとんをおいたりすると1日でカビてしまいます。今回の土地は北側に小川があるので、その点も考慮しての判断です。

地面に近い床下を空けて通気をよくすることは、床下に湿気を呼び込む可能性もあり、地元でも床下の処理については意見が分かれてます。ここ数年は基礎を密閉したうえで、FFヒーターなどで床下暖房をして乾燥させつつ、家を暖めるというOMソーラーのようなつくりが流行ってましたが、一部物件でシロアリ被害が出てからというもの、床下暖房の危険も露呈してるんで、うちはやめました。

投稿: ta_tsu | 2007.05.23 23:42

うちも床下と室内はわざと繋げてまして
床下からも強制排気してるのですが
床下を密閉して、床下と室内との空気の流れってできるんですか?

室内からは強制排気ですか?
室内に入った湿気が床下に行って貯まらないのしょうか?
素人な質問ばかりですみません(^^;

投稿: greenhill | 2007.05.23 17:35

床下は外部とは密閉されるときいてます。十分な防湿対策をしたうえで、室内との通気性は保たれるので、室内を通して呼吸はされるようなつくりだと思います。室内の湿気については、高機密ではない構造なので、自然に調整されると建築家は話していました。

投稿: ta_tsu | 2007.05.23 16:54

塚石もいいですねー
細かい所まで手がこんでいてさすがです(^^)
床下換気は何かされるのですか?

これから梅雨の時期ですが
順調に工事が進む事を祈っております。

投稿: greenhill | 2007.05.23 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23328/15170526

この記事へのトラックバック一覧です: 第一期工事完了。:

« 今朝の軽井沢【晴れ】 | トップページ | 匠の仕事進行中。 »