« 今朝の軽井沢【うす曇り】 | トップページ | 今朝の軽井沢【晴れ】 »

2007.06.19

建具到着

Img_0318今年の春に千葉の東金まで行って購入した建具たちが工務店の作業場に到着。・・・っていうか自分でとりに行ってきた(笑)

どれも年季の入った古民具で、中にはかなり古いものもある。チラッと足だけ写っているのが建具屋さん。わざわざ遠く木曾からやってきてくれた。古民具の傷んでいる部分を修復し磨いたうえでカキシブで塗りなおす。

Img_0319_1こちらの板戸は養生を忘れたために、運送中にガラスが割れてしまった;;;。
いまどきではあまり見かけないガラスだっただけに残念。なるべく似たガラスを探してもらうつもり。洗面所の入り口につける予定。




Img_0317 左の雪見障子はもちろん1階の和室用。雪の日にこの障子を開けて庭の雪を見るのが楽しみだ。右の白いガラスの引き戸は、掘り出し物。ガラスは骨董の領域に達している手延べのガラス。なんともいい風合いをもっている。この引き戸は、リビングと廊下の間地きりに使う。



Img_0320 そして、これが玄関用の蔵戸。厚みは約9cm。格子戸になっている部分には黄色の波硝子を入れる。引き方向が我が家と逆なので、白いチョークでかかれているところに取手をつける予定。
本来の引き口にはちょっとした細工をつけるつもりだ。

ここに紹介した建具は、ほんの一部。このほかにも土間とリビングをしきる大阪障子や2階のクローゼットにつける格子戸など十数点におよぶ。でも、全部あわせて仕入れは30万。もし全部新規でつくってたら、桁が違っていただろう。


Img_0325こちらは、建具を見てる傍らに用意されていた床材。溝が切ってあるのは、上下区別するため。断面の年輪を見てもらえば、木地がすべて揃えられていることがわかる。こんな些細な事なんだけれど、こだわらずに木地の表裏を区別せずに床に張り込まれてる家は多いそうだ。

床は窓やドアと違って、歩けば足の裏に、寝転べば肌があたる部分。だから触感は大事で、必要なこだわりだと私は思ってる。

|

« 今朝の軽井沢【うす曇り】 | トップページ | 今朝の軽井沢【晴れ】 »

マイホーム」カテゴリの記事

コメント

green-hillさん>
床材は床暖房の無いところのものなので4cmの杉です。同じ床材を使った幼稚園があるのですが子供たちが素足で走り回っていて気持ちよさそうでした。

投稿: ta_tsu | 2007.06.19 18:29

ずいぶんと厚い床材ですね! 杉ですか?
僕も普段は裸足で生活してます(^^)

疲れた時、眠い時は、床にうつ伏せになり
ほっぺたをくっつけると、すごーく落ち着くので好きです。(^^)

投稿: greenhill | 2007.06.19 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23328/15488343

この記事へのトラックバック一覧です: 建具到着:

« 今朝の軽井沢【うす曇り】 | トップページ | 今朝の軽井沢【晴れ】 »