« 『パスティチュリア・アルボルト』のスフレ | トップページ | 【三田:正ちゃん】でカキフライを喰らう »

2007.11.28

ほぼ完成その3

建築検査を目前に控えてハウスクリーニングも完了。

我が家に訪れる人が最初に目にするのは、この位置から見えるコンサバティブな和風住宅のシルエット。

R0012668

薪ストーブの煙突が屋根の左端に立つと、また印象は変わるに違いない。

玄関扉もようやく実装。色ガラス入りの藏扉。

R0012650

R0012663

中からみるとこんな按配。

R0012651

土間から見上げたリビングと吹き抜け。建築家の安藤氏デザインのペンダント照明もついた。

R0012653

アンティークな塗り硝子を使った廊下への扉。元の枠が古くて再利用がむずかしかったこともあり、硝子以外は新調。よく見ると硝子の幅が下に行くほど狭くなっており、遠近法を使って細身に見せているのが解る。これも古の知恵なのか。

和室には畳が入り、イグサの青々しいかほりが家に満ちている。

R0012654

キッチン横のにじり口風の引き戸は、勝手口への秘密の抜け穴(笑)

R0012661


|

« 『パスティチュリア・アルボルト』のスフレ | トップページ | 【三田:正ちゃん】でカキフライを喰らう »

マイホーム」カテゴリの記事

コメント

南軽さん、コメントありがとうございます。
窓はアルミサッシです。コストと耐久性を考えて割り切りました。うちも一応地下(基礎)には降りれるのですけど、猫がいるので封印してます。あそこに猫が入ったら面倒なので(笑)

投稿: ta_tsu | 2007.12.27 08:16

おめでとうございます!
 素敵なお宅が出来ましたね・・土間があるのですね、これは何かと便利に使えそうですね。
(我が小屋は地下室が作業場ですが明るい土間が最高)
窓枠は木製? 興味がでてくるお宅です・・時々、拝見させてください・・写真拝見!

投稿: 南軽 太郎 | 2007.12.27 07:18

moutonさん>
今朝はやく、玄関と土間を仕切る格子戸、土間とリビングを仕切る大阪障子など残りの建具が入って、一応完成にいたりました。ごつい蔵戸づくりのダイニングテーブルがはいると、和風オーベルジュというより蕎麦屋かトンカツ屋になっちゃうかなーっておもってます(笑)。

いち馬力さん>
引越しが大変だというのに、仕事も大変で今夜も東京泊です;;;正月のんびり過ごすのを楽しみにしてますが、片付くかなぁ。

投稿: ta_tsu | 2007.11.30 02:39

お~!!しばらく見ぬ間にほぼ完成だったのですねっ!!
おめでとうございます。
moutonさんも言われてますが玄関の蔵扉がすごい存在感ですね。歴史を重ねるに連れて益々いい味が出そうな素晴らしいお家です。

寒い時期のお引越し大変そうですが身体を壊さないにして下さい。

投稿: いち馬力 | 2007.11.29 22:52

引き戸の玄関の雰囲気にまずノックアウトされました。次いで土間から奥に続く、落ち着いた色調の設えにセンスを感じさせます。まるで和オーベルジュの雰囲気といっても差支えない冴えのある空間です。早くこの目で見たいものです♪

投稿: mouton | 2007.11.29 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23328/17214715

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ完成その3:

« 『パスティチュリア・アルボルト』のスフレ | トップページ | 【三田:正ちゃん】でカキフライを喰らう »