« 今朝の軽井沢【雨】 | トップページ | 今朝の軽井沢【腫れ時々曇り】 »

2009.08.10

蜂の巣退治、顛末記。

先月忙しかったためにブログネタが凄くたまってしまって、旅行記とか食べ物系を優先してアップしているので、後回しになっていたのが、この蜂の巣退治の顛末。自分は、毎朝、天気が悪くなければ、出勤前に必ず家の周囲を一周して軒先や床下などに蜂の巣がこさえられてないかを点検するのが日課になっていたのだけれど、木曜の朝には存在しなかった蜂の巣が、わずか3日間でこんな状態になっていた。

Img_2048

写真は、書斎の明かり取りの窓越しに撮ったもの。距離にして50cmあるかないか。見て解る通り、攻撃的で厄介なキイロスズメバチの巣だ。

T7263186

外に回り注意しながら巣の場所を確認。見ての通り、拙宅の一番高い北側の書斎の前の軒の裏側に雨風があたらない場所をちゃんと選んでいるのが解る。

T7263178

写真を撮っている間にも、兵隊蜂は次々と巣作りをすすめており、見つけたときは、ソフトボール程度の大きさだったのが、あっという間にハンドボールなみになる勢いだ。兵隊蜂は、巣を作ってる奴らとは別に次々に巣から新手が出てきており日数が立つと偉いことになると判断。サイトで見つけた年中無休受付の信州消毒に連絡して翌日の朝に駆除してもらうことに。

駆除は、30分程度で完了。高さ的に外からの駆除は無理だったので、書斎を閉め切って、書斎の明かり取りのサッシから巣をまるごと燻蒸してから破壊したのだけれど危険防止のため残念ながら写真はとれなかった。

T7283200

9mの高さから堕ちた蜂の巣の外側は壊れてしまったが、中は残った。まだこれから産卵するだったのだろう空き室が結構あって良かったが、すでに右側の二つはほぼ満室だった(汗)

本来ならば、珍味の蜂の子だけれど、薬品で燻蒸されてしまったために食用はしないでくれと固く念を押された(笑)。このまま放置していて万が一にでも羽化すると怖いので、すべて焼却して土に埋めて一件落着。

|

« 今朝の軽井沢【雨】 | トップページ | 今朝の軽井沢【腫れ時々曇り】 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23328/45888092

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂の巣退治、顛末記。:

« 今朝の軽井沢【雨】 | トップページ | 今朝の軽井沢【腫れ時々曇り】 »