軽井沢町のこと

2016.11.04

秋深まる。

秋の印をフォトハンティングすべく、町内を巡った。

20161029_114706

20161029_114346_2

20161029_114848_2

20161029_115134

20161029_113552

20161029_1138561

発地市庭で賑わう下発地界隈は、山が開けていて日当たりがよく、放射冷却も

起きやすいく寒暖差がつくことで、町内でも早くに紅葉が熟していく。

単に紅葉が美しいだけでなく、箱根の仙石原を思わせるのススキ原もあり、

軽井沢で一番秋が映える。

保存保存

続きを読む "秋深まる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.28

春花満開。

春花満開。
春花満開。
春花満開。
春花満開。
春花満開。
一番華やかな季節が来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.13

春の兆し

春の兆し
春の兆し
春の兆し
春の兆し
春の兆し
今朝の気温は2℃。冷え込んだなと思っても常温の朝になってきた。猫柳が芽を吹き桜の蕾もだいぶ膨らんできていて、軽井沢の遅い春も間近に迫ってきた。
先週の強い風で飛ばされたのか、作りかけの鳥の巣が落ちていた。まだ完成前で卵を入れてなかったのが不幸中の幸い。

花が咲き始めるまで、あともう少しの辛抱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.21

遅まきながら、春の始まり。

遅まきながら、春の始まり。

Image

遅まきながら、春の始まり。
遅まきながら、春の始まり。
遅まきながら、春の始まり。
遅まきながら、春の始まり。
今日の最高気温は14℃まで上がった。庭に積もった根雪も殆どが消えて、軒下や裏庭の日陰に僅かに残るばかりとなった。

軽井沢の遅い春がようやく始まった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.01.04

今朝の軽井沢【晴れ】そして「かみっか」

今朝の軽井沢【晴れ】
今朝の軽井沢【晴れ】
今朝の軽井沢【晴れ】
今朝の軽井沢【晴れ】
今朝の軽井沢【晴れ】
朝8時の気温は-8℃。昨夜未明の最低気温は-12℃。年明けてから、連日-10℃越えの厳しい寒さが続く。

本日4日は、地元古宿に旧くから伝えられる「かみっか」の日。子供達だけで地区の民家を周り、払い幣を振って役を祓う祭り。

その時に払い幣から落ちた紙が、火の神を祀るお札となり、火を使う場所に貼ることで火事を招かないという言われがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.01

雪の元旦と初詣。

朝8時の気温はマイナス9℃。雪が降りしきり元旦になった。

20150101_100602

大晦日の初詣は、それまで降っていた雪がやんで、月の見える寒い夜になった。

例年どおり、旧軽の諏訪神社からスタート。

23時45分ごろには、すでに長蛇の列が参道にできていた。

20141231_235516

20150101_000503

諏訪神社のあとは、旧碓氷峠にある熊野権現へ向かう。

強い風が吹いていて体感的には、かなり寒い。

20150101_002611

続きを読む "雪の元旦と初詣。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.31

大晦日の軽井沢【晴れ】

大晦日の軽井沢【晴れ】
大晦日の軽井沢【晴れ】
朝8時の気温は1℃。その後も陽射しよく気温があがって、屋根の雪もだいぶ落ちた。天気予報では夜半から雪の予報なので二年参りは雪かもしれない。

皆さま、良いお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.28

今年も大詰め。

今年も大詰め。
今年も大詰め。
今年も大詰め。
今年も大詰め。
今朝の軽井沢の最低気温は−11.6℃の最低気温。キンと冷えて冴えた朝だった。28日なので例年通り手製の注連縄を門と玄関に飾る。

あと4つ寝るとお正月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.16

観測史上初の大雪。

観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
2014年2月15日は、観測史上初の98cmに及ぶ積雪の朝となった。長野新幹線も始発から終日運休。碓氷軽井沢バイパスも通行止め、国道がなんとか通れるようになったのは昼過ぎだった。この様子は、まさに6年前の台風以来の自然災害といっていいほど。

測候所の積雪と違って、ふきだまりは1mを超えるほどに積もっていて、除雪車すらスタックするほど。ガレージは、寒冷地仕様で70センチまでの積雪に耐えられる強度が保証されていたけど、1mの積雪には耐えられないため、人生で二度目の屋根の雪下ろし。

暖房用の薪置き場は絶妙な軒の長さに救われ、見ての通り見事に雪に埋まらずにすんだ。また井桁造りのカーポートをもつおかげで、玄関を含めた全く雪に埋まらずにすんだ空間を確保できた。これらはひとえに雪国的な伝統的民家建築を踏襲した設計の良さにつきる。

とはいえ、玄関から町道までの50mの敷地を歩けるようにラッセルするのには2時間近くかかり、前夜仕事から帰宅して積もる雪に断念して門のすぐ内側に停めたクルマを掘り出すのにも2時間近くかかった。

明日は、朝から雪かきをし、なんとか国道までの200mをクルマで出られるようにするつもり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.02.08

雪かき。

雪かき。
雪かき。
雪かき。
雪はその後も降り続き、15時過ぎには30センチを超えた。軽トラのタイヤが半分以上埋まる深さなのと、気温が低くサラサラのパウダースノーなので、このまま掻いても、すぐに崩れることもあり、まずは軽トラで踏み固めて圧雪部分を作ってから残る轍を、取り除くことに。

作業開始からおよそ1時間、とりあえず車の出入りは確保。このまま降ると明朝も雪かきスタートは間違いない(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧