旅行・地域

2015.09.26

寒い日。

寒い日。
寒い日。
寒い日。
寒い日。
寒い日。
朝9時の気温は13℃。息も白く見える。ツタウルシやドウダン、柿の紅葉は進んで季節は初秋から秋へまっしぐら。とりあえず来年用の薪を慌てて仕込み中。

明日は薪割りだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.22

秋の日

秋の日
秋の日
秋の日
秋の日
秋の日
Image_3
Image_5

シルバーウイークは、ガッリ渋滞し、駅やアウトレット周辺の市街には人とクルマが溢れているなか、季節は例年より少し足早に秋を深めていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.19

上田で見つけた秋のかほり。

上田で見つけた秋のかほり。
上田で見つけた秋のかほり。
上田で見つけた秋のかほり。
上田で見つけた秋のかほり。
上田で見つけた秋のかほり。
軽井沢では金木犀があまり育たず、秋になっても、あのかほりに町内で出会うことがないのが寂しかった。

上田は海野町商店街の街路樹に金木犀が植えられていてこのかほりが道に溢れてるのが、嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.12

夏の終わり。

夏の終わり。
夏の終わり。
夏の終わり。
夏の終わり。
夏の終わり。
8月の最終週に少しだけ晴れたあと、9月の初めはずっと冷たい雨だった。
雨が上がってみれば、すっかり季節は秋に近づいていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.25

盛夏。

盛夏。
盛夏。
盛夏。
盛夏。
盛夏。
盛夏。
気温は29℃まで上がってるものの風が渡る。都会とは異なるさっぱりした暑さ。汗は出るが乾きもはやい。

お昼頃の凪の時に、打ち水をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.12

夏。

夏。
夏。
夏。
夏。
夏。
軽井沢の夏の号砲たる長倉神社の花火大会。今年も天気に恵まれて夜空に綺麗な絵を描いて、浅間山、離山などの山々に花火の音を響かせた。

高原の短い夏が始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.28

信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。

信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
信濃追分散策。油や、猫町カフェまで。
何度歩いても飽きない街並み。小さいけれどフォトジェニックで愉しい。

また来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.17

五月晴れ。

五月晴れ。
五月晴れ。
五月晴れ。
昨日の雨から一転。よく晴れ渡った5月半ばの週末。ハーフマラソン日和。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.26

雪に残る印。

雪に残る印。
雪に残る印。
雪に残る印。
雪に残る印。
雪に残る印。
雪に残る印。
雪が、ほぼ一日置きぐらいに降るようになると、拙宅の裏庭には無数の足跡が残るようになる。キツネ、タヌキ、うさぎ、犬、猫(笑)
これだけの来訪者が居るのは、裏庭に接する用水路が緩やかな土手になっていて、雑木林の中にあるためで、森の住人たちの水飲み場になっているからだろう。
姿を見かけることは、早朝や夕刻に稀にある程度だけど、毎朝、新しい足跡ができてるのが楽しみになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.16

観測史上初の大雪。

観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
観測史上初の大雪。
2014年2月15日は、観測史上初の98cmに及ぶ積雪の朝となった。長野新幹線も始発から終日運休。碓氷軽井沢バイパスも通行止め、国道がなんとか通れるようになったのは昼過ぎだった。この様子は、まさに6年前の台風以来の自然災害といっていいほど。

測候所の積雪と違って、ふきだまりは1mを超えるほどに積もっていて、除雪車すらスタックするほど。ガレージは、寒冷地仕様で70センチまでの積雪に耐えられる強度が保証されていたけど、1mの積雪には耐えられないため、人生で二度目の屋根の雪下ろし。

暖房用の薪置き場は絶妙な軒の長さに救われ、見ての通り見事に雪に埋まらずにすんだ。また井桁造りのカーポートをもつおかげで、玄関を含めた全く雪に埋まらずにすんだ空間を確保できた。これらはひとえに雪国的な伝統的民家建築を踏襲した設計の良さにつきる。

とはいえ、玄関から町道までの50mの敷地を歩けるようにラッセルするのには2時間近くかかり、前夜仕事から帰宅して積もる雪に断念して門のすぐ内側に停めたクルマを掘り出すのにも2時間近くかかった。

明日は、朝から雪かきをし、なんとか国道までの200mをクルマで出られるようにするつもり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧