« 久々に5号機で出撃 | トップページ | 横浜まで。 »

2009年6月16日 (火曜日)

スター・トレックに浸る。

T6141966

最初に断っておくけれど、このエントリはネタバレ部分があるので、知りたくない方は読まないこと。自分は、間違いなくトレッキーであり、なかでもオリジナルテレビシリーズが最高だと思っている原理主義に近い。そういう意味で今までの映画作品の多くは同じ世界観をもっているとはいえ、所詮は亜種であると思っていた。

しかし今回の作品は原典(あえて原点ではなく)のテレビシリーズ以前のエピソードだと前評判がたっており、しかも監督はあのJJエイブラハムと聞けば、それなりの物になると予感してた。

1png

微妙な不安と期待の入り交じった気持ちでスクリーンを見てたけれど、それは冒頭の戦闘シーンが始まった瞬間に完全に払拭された。もう完全に圧倒されてしまうスピード感の戦闘シーンと、それだけで終わらない戦争によって背負わされる是非のない人間ドラマに、一気に映画の世界観に引き込まれた。そしてこのプロローグこそが、エンディングにつながって新しいスタートレックの起源になるというプロットの秀逸さ。

さらに、エイブラハムは、トレッキーなら納得のパイン船長を絡ませた巧みなスト−リー展開と、スポックとカークが各々背負いこんだ偉大な父親へのコンプレックスを対峙させながら、二人の関連性を織り込んで見せてくれる。

3png

4png

6png

5

7png

そして最後の10分の地球の未来をかけた闘いで、この新しく若いエンタプライズ号のクルーが、テレビシリーズのクルーに昇華させてしまう演出のすばらしさ。チェホフ、カーク、スコット、マッコイ、ズールー、ウーラ、そしてスポック。顔は微妙に違えど、キャラクターはまごうことなくオリジナル版どおりだと感じた。

2作目の制作も決定しているとのことだけど、できれば24やLOST、HEROのようなシーズン展開のテレビシリーズになってほしいと思うのだけれど・・・駄目かなー。

すばらしい作品で満たされた気分とは裏腹に、18時半スタートで2時間興奮しっぱなしですっかり腹ぺこに。カーク気分のまま2号機で高崎へ小ワープ(笑)。初めて行く店だったけれど、すばらしい料理の数々でさらに上機嫌になった、そのくだりは、こちらで。

 

|

« 久々に5号機で出撃 | トップページ | 横浜まで。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スター・トレックに浸る。:

» 映画『スター・トレック』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、J=J=エイブラムス。脚本、ロベルト=オーチー、アレックス=カーツマン。2 [続きを読む]

受信: 2009年6月16日 (火曜日) 06:56

« 久々に5号機で出撃 | トップページ | 横浜まで。 »