« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月16日 (月曜日)

Z8の記憶。

誤解されやすいクルマだったとおもう。跳ね馬的、乗らずお飾りのクルマと思われがちだったけど、ここで出会ったオーナーは、みな走らせるオーナーだった。

Pb231223_2

Pb231211

Pb231199

Pb231202

ワインディングで走らせてみれば解る、ホイールベースの短さから来る旋回性能の高さ、アルミボディのしなやかさは、まさに駆け抜ける喜びを象徴するクルマだった。高速道路をただ飛ばすだけのクルマじゃないBMWのフラッグシップたるマシン。

続きを読む "Z8の記憶。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木曜日)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その5:レンジローバーイヴォーククーペで締める。

さて、一連の一気乗り試乗の締めは、レンジローバーイヴォーククーペ。イヴォーグにの3ドア版だ。

P3212997

P3212998

080f19ecf6a4b52ab6043b030f60edae

白いボディは5ドア版に比べサイドのシルエットはすっきりしていてかっこいいのだが、連続試乗の疲れもあって、うっかり写真を撮り忘れてしまったので、友人のT君のサイトからサイドビューの写真を拝借。。

続きを読む "【インプレッション】輸入車一気乗り・その5:レンジローバーイヴォーククーペで締める。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水曜日)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その4:FIAT500 TwinAirに乗る

991XKRジュリエッタクワドロフォリオと立て続けにホットモデルに乗ったので、ひと呼吸いれるべく、FIAT500のTwinAirに。

P3212982

前回もここで500Cに乗ったけれど試乗コースが長くて気持ちいい。991やXKR、クワドロフォリオにフルスロットルを与えられるようなコースだから、TwinAirの低回転のパタパタ感と高回転までまわしたときの違いも十分に体感できるコース。

P3212976

アイリスブルーのボディカラーにホワイトの内装は何度見てもポップで可愛い。

上質でも高級でもないけれど、デザインコンシャス。

さしづめデザイナー家電のような心地よさだ。

続きを読む "【インプレッション】輸入車一気乗り・その4:FIAT500 TwinAirに乗る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その3:ジュリエッタクワドロフォリオに乗る

XKRの後は、ジュリエッタクワドロフォリオ に。

P3212964

P3212969

ピアノブラックな塗装のダッシュパネルに赤のアクセントが効いている内装でアルミ削りだしのシフトノブが存在感をアピールしている。MTのアルファに乗るのは何年ぶりだろうか。

シートに座ると、お約束通りのアップライトなアルファポジションで、ステアリングが近めなのもアルファっぽい。

続きを読む "【インプレッション】輸入車一気乗り・その3:ジュリエッタクワドロフォリオに乗る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その2:XKRに乗る

完全無欠の991の次は、インドに嫁いだ英国美人のXKRへ。

P3212946

P3212938

ドアを開けてシートに座ると、おなじみのちょっと酸味のあるイギリス車の匂いがした(笑) 某所で64年のEtypeのドアを開けたときも同じ匂いだったし、拙宅の3号機も同様。おそらくシートや内装、絨毯など糊の匂いにちがいない。

991の最新のPDKと比べるとメカニカルな部分はオーソドックスなATなんだけれど、シフトレバーの無いダイアル式のシフトコントローラーをDにセット。

P3212944_2

これってすごく斬新なインターフェイスなんだけれど、どこか頼りなく感じるのは英国製だからかも知れない(笑)

続きを読む "【インプレッション】輸入車一気乗り・その2:XKRに乗る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火曜日)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その1:991カレラSに乗る

友人のT君のお誘いで、2年ぶりに千葉の輸入車ディーラーのファミリー主宰の輸入車試乗会へ。前回はこんなところを乗ったのだけれど、今回は出たばかりの991カレラSからスタート。

P3212932

P3212934

P3212930

シートに座るといつものインパネ。ダッシュボードが低くなった印象はあるものの、ステアリング越しに見える5連メーターの雰囲気は同じ。試乗車はカレラSのフルオプション。写真には映ってないけれど、ステアリングのスポーク部分に、インフォメーションが表示される液晶が埋め込まれてるほど(笑)

PDKをDにシフトしてスロットルを踏み込む。911の走り出しの儀式としてエンストしないように、アイドリングでクラッチリリースをして発進してたが、PDKになったらそんな古来の儀式とは無縁なのが寂しい;;;

続きを読む "【インプレッション】輸入車一気乗り・その1:991カレラSに乗る"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »