2014年1月 4日 (土曜日)

【クルマ】シトロエンDS3カブリオに乗る

前スレッドで、ブログ第一弾は壱号機も復活からと書いたけど、まずは、こちらから。

本年もよろしくお願いします。
正月3が日の3日目、東京からニュル友のDJkootanくんが、新弐号機の慣らしがてら、年賀の挨拶にやってきてくれた。新弐号機は、シトロエンDS3カブリオ。

20140104_001022

20140104_001046

雪と比べてもほぼ同じ用に見える純白に近いホワイトのボディと、ちょっと紫が入った濃紺のソフトトップの組み合わせが、フランス風シャレオツか。
見ての通り、カブリオレトップの開き方は、ミニやFIAT500でお馴染みの3段階 。前席の上だけ開くMIDOPEN,後席の上まで開けるSEMIOPEN,リアガラスが倒れた上の写真のFULLOPEN。フロントウインドウの傾斜が相応にあるので、前方の開放感はあまりないけれど、頭上の開け方は充分で屋根なし車として楽しめる。

20140105_010806

20140103_150216

内装はFIAT500とかジュリエッタと同じようなカラーパネル。ボディ同色ではなく、ソフトトップと同色というあたりがシックでいい。ちなみに、ATではなく、6MTの硬派仕様(笑) ジェントルでシャレオツなエクステリアだからいいね。

20140104_000858

リアのラッゲージはFIAT500やミニに比べてやや大きめ。ただし開口部が見ての通り小さいので、出し入れはちょっとコツがいりそう。ちなみに、後席を倒しての出し入れもできるので、車室経由でのほうが楽かもしれない。

続きを読む "【クルマ】シトロエンDS3カブリオに乗る"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火曜日)

2013を振り返る。

昨年も非常に少ない更新しかしない一年になってしまった。

言い訳はいろいろわるけれど、基本的にFacebookがメインになっていてそちらで色々と更新しているから、ついついブログの更新をさぼってしまった次第。。。1月のあとが9月という体たらく。。
改めて、ざっと2013年を見なおしてみる。
2月のメインは、ラリー嬬恋だった。軽井沢ベースで配信することを目的にプレスライセンスを頂いて現地撮影に。夏場よく走っているパノラマラインだけれど、雪のなかをラリーカーが爆走する姿はとても新鮮で、スウェーデンラリーに見えた。

P2022937

P2023026

そして5月は、過去2回参戦しているジーロデ軽井沢に、今年はプレスカーとして取材並走。出場者を追いかけながら、Ustreamでその模様を配信。

461115_522445911148335_1063009796_o

6月は、浅間ヒルクライムをオーガナイズ。おもに観覧されるギャラリーの管理を担当したが、きっちりコースを走る機会も。

Photo

Lfa

さらにスポンサーさまのご厚意で、あのLFAにジムカーナ会場で試乗。スロットルコントロールを切ってジムカーナコースを走る機会を得て、LFAの素晴らしさにしびれた。個人的にいえば、GTRとは全く違うベクトルで、速く走ることより、楽しく走ることに主眼がおかれたクルマで、従来のトヨタ車とは対極。
V10エンジンだけでなくシャシもインテリアもすべてレクサスの他のクルマとは別格の出来だとおもう。

続きを読む "2013を振り返る。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木曜日)

【インプレション】1Mクーペで走った。

BMW Japanによる正式な国内販売されなかった1Mクーペは、ここ最近で自分が最も乗ってみたかったBMW車だったのだけれど、そのことを知った友人の手配で昨夏、運良く試乗する機会を得た。車両はドイツ仕様でストックのままとのことだった。

P9080843

P9080839

P9080847

ぱっと見、135iに見えるが、4本だしのマフラーとディフェイザー、大きく張り出したリアバンパーがM Styleではないことをアピールしている。

続きを読む "【インプレション】1Mクーペで走った。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木曜日)

【インプレッション】テスラ・ロードスターに乗り、将来を見据える。

6月某日。友人のPookeyくんの計らいで、このクルマに試乗する機会を得ることができた。ハイブリッド系は、いままでも幾つか乗ってきたけれど、純然たるEVでしかもスポーツカーというのは今回が初めて。このカテゴリは今後、BMWのi8とかAudiのe-tronが出てきて、スポーツカーの主戦場の一つになるのは間違いない。

P6300192

Img_3788

約束の時間に青山にあるショールームを訪ね、試乗の準備を待つ間、スタイリッシュな二階でアイスコーヒーをいただく。いろいろなメーカーのショールームを訪ねてきてるけれど、ここの雰囲気はAstonMartinに近い印象。

いろいろとお話をお聞きする中、すでに生産完了して今ここにある実車が販売完了するとこのシリーズはなくなるというのを初めて聞いた。このへんの潔さがベンチャーのフットワークなのかもしれない。前述のBMWやAudiが乗り込んで来る前に、売り抜けてしまうのだから。

P6300193

準備完了ということで、階下のガレージに降りる。カバーがかけられている車両は、ちょうどその日納車に向かう1台なので、残すところは、あと2台ということになる。写真奥の充電器は、家庭用単相200Vの電源をつかった急速充電器。これなら、今時の家ならすぐに用意ができるも魅力だ。

ちなみに、拙宅のガレージにもこの電源はリフト用に引いてあるから、その気になればいつでも設置可能(笑)

続きを読む "【インプレッション】テスラ・ロードスターに乗り、将来を見据える。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水曜日)

軽井沢ベース。絶賛配信中。

Facebookで告知してたけれど、4月からUstreamの番組「軽井沢ベース」をまったりやってます。

Flag_of_karuizawa_base

名前を見ての通り、某世田谷ベースのインスパイア番組(笑)
ホストは、僕と軽井沢のカフェ「モトテカコーヒー」のオーナーである星野くん。
二人の雑談から始まったこの番組、志は高く、でも敷居は低く!
ガレージトークというかリビングトークというか、あたかもどっかのオフ会に
参加してるような、そんな気楽な流れが売りです。
すでに4回ほど配信していて、いろいろなゲストをお迎えしてお送りしてるのですが
ここでは、そのさわりをちょっとだけご紹介。

続きを読む "軽井沢ベース。絶賛配信中。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木曜日)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その5:レンジローバーイヴォーククーペで締める。

さて、一連の一気乗り試乗の締めは、レンジローバーイヴォーククーペ。イヴォーグにの3ドア版だ。

P3212997

P3212998

080f19ecf6a4b52ab6043b030f60edae

白いボディは5ドア版に比べサイドのシルエットはすっきりしていてかっこいいのだが、連続試乗の疲れもあって、うっかり写真を撮り忘れてしまったので、友人のT君のサイトからサイドビューの写真を拝借。。

続きを読む "【インプレッション】輸入車一気乗り・その5:レンジローバーイヴォーククーペで締める。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水曜日)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その4:FIAT500 TwinAirに乗る

991XKRジュリエッタクワドロフォリオと立て続けにホットモデルに乗ったので、ひと呼吸いれるべく、FIAT500のTwinAirに。

P3212982

前回もここで500Cに乗ったけれど試乗コースが長くて気持ちいい。991やXKR、クワドロフォリオにフルスロットルを与えられるようなコースだから、TwinAirの低回転のパタパタ感と高回転までまわしたときの違いも十分に体感できるコース。

P3212976

アイリスブルーのボディカラーにホワイトの内装は何度見てもポップで可愛い。

上質でも高級でもないけれど、デザインコンシャス。

さしづめデザイナー家電のような心地よさだ。

続きを読む "【インプレッション】輸入車一気乗り・その4:FIAT500 TwinAirに乗る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その3:ジュリエッタクワドロフォリオに乗る

XKRの後は、ジュリエッタクワドロフォリオ に。

P3212964

P3212969

ピアノブラックな塗装のダッシュパネルに赤のアクセントが効いている内装でアルミ削りだしのシフトノブが存在感をアピールしている。MTのアルファに乗るのは何年ぶりだろうか。

シートに座ると、お約束通りのアップライトなアルファポジションで、ステアリングが近めなのもアルファっぽい。

続きを読む "【インプレッション】輸入車一気乗り・その3:ジュリエッタクワドロフォリオに乗る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その2:XKRに乗る

完全無欠の991の次は、インドに嫁いだ英国美人のXKRへ。

P3212946

P3212938

ドアを開けてシートに座ると、おなじみのちょっと酸味のあるイギリス車の匂いがした(笑) 某所で64年のEtypeのドアを開けたときも同じ匂いだったし、拙宅の3号機も同様。おそらくシートや内装、絨毯など糊の匂いにちがいない。

991の最新のPDKと比べるとメカニカルな部分はオーソドックスなATなんだけれど、シフトレバーの無いダイアル式のシフトコントローラーをDにセット。

P3212944_2

これってすごく斬新なインターフェイスなんだけれど、どこか頼りなく感じるのは英国製だからかも知れない(笑)

続きを読む "【インプレッション】輸入車一気乗り・その2:XKRに乗る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火曜日)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その1:991カレラSに乗る

友人のT君のお誘いで、2年ぶりに千葉の輸入車ディーラーのファミリー主宰の輸入車試乗会へ。前回はこんなところを乗ったのだけれど、今回は出たばかりの991カレラSからスタート。

P3212932

P3212934

P3212930

シートに座るといつものインパネ。ダッシュボードが低くなった印象はあるものの、ステアリング越しに見える5連メーターの雰囲気は同じ。試乗車はカレラSのフルオプション。写真には映ってないけれど、ステアリングのスポーク部分に、インフォメーションが表示される液晶が埋め込まれてるほど(笑)

PDKをDにシフトしてスロットルを踏み込む。911の走り出しの儀式としてエンストしないように、アイドリングでクラッチリリースをして発進してたが、PDKになったらそんな古来の儀式とは無縁なのが寂しい;;;

続きを読む "【インプレッション】輸入車一気乗り・その1:991カレラSに乗る"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧