« 【ドライブ】雪の白川郷~飛騨高山を走る① | トップページ | 【クルマ】2号機ARQ2.7Tの入れ替え。 »

2006年1月31日 (火曜日)

【ドライブ】雪の白川郷~飛騨高山を走る②

SANY0406左の写真は、白川郷で見かけた天然干し柿。木についたままドライフルーツ状態になっている。食べてみたかったのだけれど、とても雪ふかい場所にあり、へたに近づいて吹き溜まりにはまったら大恥かくので断念しました(笑)。

白川郷を後にしたのは15時。156号線を南下し荘川ICを目指す。この道を走るのは、本当に久しぶりだ。前に走ったときは、もっと狭くてバスのすれ違いも難しいような頃だった。庄川沿いに進むと、御母衣ダムに。


sirakawaここまでの路面は、半凍結のシャーベットと圧雪、ブラックアイスが日向と日陰によってころころと変わるナーバスな路面状態。でもTTRは、高いスタビリティを伴って快調に進む。 (左の写真をクリックすると動画になります:要QuickTime6.5-7M)


HI340014 荘川IC直前の「道の駅荘川」にてちょっと休憩。ここは温泉があるので、スキー帰りの人で混んでいる。ちょっとしたお土産を買ってから、荘川ICから東海北陸道に乗り高山西ICへ。


SANY0434高山西ICから先は交通量が多く、やや渋滞っぽい流れ方だった。高山中心部への到着時間は4時ちょっと前。白川郷を出て、おおむね40分。高山市内もそこそこ雪がある。車を三之町近くの有料駐車場に停め、久しぶりの高山をぶらぶら。夕方ということもあり、人は少なめ。


HI340020 小間物屋なども見て回ったあと、造り酒屋で黒米の甘酒をゲット(左側)。呑むのが楽しみ。


HI34002430分ほどうろついたら、すっかり手足が冷えてきたので、暖をとるべく甘味・喫茶の暖簾に吸い寄せられるように「よしかわ」に入った。


SANY0430SANY0431 かみさんが頼んだのが、左の抹茶と田舎ぜんざいのセット。私は右のコーヒーと田舎ぜんざいのセット。この田舎ぜんざい、甘さがほどほどで美味い。さらに中に入っている餅が面白くて、角餅の半分が草餅で半分が普通の餅のコンビ、餅だった。

SANY0432 5時になってお店が閉店になったので、再び町に繰り出すが、飛騨牛の串焼きのにおいに誘われてこれも食べてからクルマに戻った。帰路に着く前にしないのエネオスで燃料警告灯が付く寸前のTTRにガスを入れたのだけれど、なんとリッター153円!!。うちの近所よりさらに高いところがあるなんて驚き。まあ、一番山奥と言えば山奥だから仕方ないか。

帰り道は、予定通り158号を走り松本にでる。そこそこの交通量があるけれど、地元の車がメインなので、ペースは速く1時間そこそこで松本に到着。松本をスルーして、254号で三才山峠を越え上田についたのが午後8時半すぎだった。

HI340029夕食は上田で評判のインド料理店『ジャイプール』でマサラとタンドリーチキンのプレートを食べる。バター風味たっぷりのナンは最高。また食後のミルクティも美味かった。カレーの後はミルクティに限る。

上田からは上信越道に乗って小諸ICまでQレンジ巡航。自宅には10時過ぎに到着。長い一日だったけれど久しぶりの場所だったので楽しかった。

全走行距離:610km
平均燃費:9km(オンボード)

|

« 【ドライブ】雪の白川郷~飛騨高山を走る① | トップページ | 【クルマ】2号機ARQ2.7Tの入れ替え。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ドライブコース」カテゴリの記事

TT」カテゴリの記事

アウディ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ドライブ】雪の白川郷~飛騨高山を走る②:

« 【ドライブ】雪の白川郷~飛騨高山を走る① | トップページ | 【クルマ】2号機ARQ2.7Tの入れ替え。 »