« 【メンテ】Z8のエアクリーナー交換 | トップページ | 25年目のバージョンアップ(笑) »

2007年6月26日 (火曜日)

【クルマ】TTの初代と2代目のデザインを考察する

初代TTロードスターと2代目の後姿を比べると、一見キープコンセプトで、デザイン的に似て見えるこの2台に大きな隔たりがあることがわかる。

Img_04480

初代TTロードスターは、サッカーボールのようにいくつかの面をつないで球体を生み出した。縦に引かれたグリッドやナンバーまわりとバンバーの水平方向に引かれたラインによってテールライトを含む8つの面をつないでいるように見える。

対する2代目は、トランクリッド、テールライト、ナンバーを2本のラインに集約してつないただために、トランク&テールライトの上半分とナンバー&バン パー下半分にすっぱりと二分された一般的な乗用車デザインテイストになった。くわえてリアバンパーとリアフェンダーが滑らかにつながってしまったことで左 右の張り出し感も消え、初代が持っていた幾何学的な面の組み合わせという個性は消えた。

43171ece_1

あくまで私の推察だけれど、2代目のコンセプトは、おそらく今流行のシンプルモダンだったんじゃないかと思う(笑)。これはTTに限らず昨今のAudiデザイン全体に感じること。

従来はドローイングラインで面をつないで、全体のシルエットを生み出しつつデザインのリズムとアクセントもつけていく、という高度な手法だったのが、昨今は球や立方体のモックから、ナイフでラインやくぼみをえぐって行くと言う、いかにも汎用な手法を用いているのではないか。

このやり方は一般的だし多くのメーカーはこのやり方に違いなく、一定のデザインスキルがあれば誰にでもでき効率もいいだろう。でも反面、円を内側に向けて書くような手法であり、大胆なシルエットは生まれないしシルエットに密接に絡み合うディティールも生まれない。

好き嫌いの問題は別としてアウディのデザインが昨今凡庸なのは、ここにつきると思う。クリエイティブはその頭に立つ人間のスキルとクリエイティビティにかかるわけで、現状のクオリティを見る限り、デシウバ氏は前任者に比べて劣ると言わざる得ないと思う。

もちろん、2代目TTRには、製品として数々の改善があり、オーナーには悩ましいのも事実。とくに初代の泣き所だったトップ周りの改善点『走行中に開け閉めできる』『トップの内張りつき』『トノカバーなしでいいZ型収納トップ』『ボディ剛性アップしつつ軽量化』『重量バランスの改善』などなど。

機能を優先するか、デザインを優先するか、車好きには永遠の課題だと思う(笑)

|

« 【メンテ】Z8のエアクリーナー交換 | トップページ | 25年目のバージョンアップ(笑) »

クルマ」カテゴリの記事

TT」カテゴリの記事

アウディ」カテゴリの記事

コメント

2代目はかっこいいけど普通のスポーツクーペになったからですね。それはデザイナーズマンションとライオンズマンションの差みたいな。その分、住みやすくなったし便利になったんですけどね。

初代は本当にバーゲンプライスだったとおもいます。TMSで出たときには誰もが倍以上の値段がつくとおもってましたから。

投稿: ta_tsu | 2007年6月28日 (木曜日) 14:48

2代目は、カッコイイと思うのですが・・どこかアピールに欠けるといいましょうか・・・

イマイチ踏み込めません。

価格は初代から比べて50万もUPしたのに驚きです。
今思うと、初代TTのFF390マソはお値頃価格だったと思います。

投稿: かずまる | 2007年6月28日 (木曜日) 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【クルマ】TTの初代と2代目のデザインを考察する:

« 【メンテ】Z8のエアクリーナー交換 | トップページ | 25年目のバージョンアップ(笑) »