« 【オフミ】軽井沢オフ07 | トップページ | 初冬の嬬恋へ夏タイヤでの走り治めにいく。 »

2007年11月 8日 (木曜日)

【クルマ】NewTTロードスターに乗る

いまさらNewTTロードスターって書くのも、抵抗を感じるけれどロードスターが発売されたのは、今年の初夏。なかなか試乗する機会がなかった(というより、試乗する気合がなかったか)が、過日、うちがお世話になっているAudi越谷にアウディジャパンの試乗車が来ると聞いて出張ることにした。

R0012331

上の写真の角度から見ると旧型の印象を引き継いでると感じる。

R0012330

後姿は現行TTクーペとも、先代ロードスターも違う顔。シート後ろのウインドウリフレクターは、ガラスにネットを張ったものに変更されたけれど、正直先代の方がガラスだけの質感と独特のデザインで高級感がありおしゃれ。

 

R0012334

試乗車はレザーオプションなしのベーシック仕様(笑)。シートもファブリックなのだけれど、レザーにくらべるとちょっと柔らかめ。もっとしっかりとしたコットンの布地がいい。

R0012335

早速乗り込んで、いつもの試乗コースへ。このアングルでも先代TTのシンプルなラウンドラインと現行モデルのフラットなラインの違いがよくわかる。

走り出して感じるのは、エクゾーストの勇ましさ(笑)。とにかく踏み込んだ時の音がでかい。高い成分が出るというより、太く低い印象で先日乗ったアルファスパイダーに近い。ロードスターだとクーペと違ってトップを開けているから、音がダイレクトに聞こえてくる。

加速感は、まだ130kmしか走ってない個体ということもあるのか、以前乗ったクーペの2.0Tに比べて伸びがいまいちな印象を受けた。Jファクで試乗したROMチューンした現行TTクーペ2.0Tの加速感が残ってるのかもしれない。

R0012328

トップを開けたままで東北道にのって、隣の岩槻ICまでSモードで飛ばす。このクルマには、マグネティックライド付なので最初はノーマルモードで走る。そこそこの交通量のある中を追い越し車線と走行車線を行き来しながら走っていくが、足回りはしっかりとしていて小気味よく動く。ステアリングの軽さに挙動が遅れることもなく、右に左に簡単に頭を向けてくれた。

岩槻ICで折り返して浦和ICを目指す。今度は、マグネティックライドをスポーツモードにし、DSGはパドルで積極的にシフトをして走ってみる。DSGについては、普段のっているA3SB3.2と大差なく特別なにか改善されているような印象は受けなかったが、むしろ3.2との50PSの差を実感してしまった。シフトダウンしてスロットルを踏み込んだ時の飛び出しが緩く感じてしまう。軽量化されてるはずなのになぜだろう。

R0012329

往路より復路のほうが交通量が多いこともあって、しばしば、ブレーキを踏み込むことがあったけれど、最近のAudiらしい初期制動のきついタイプで個人的にはいまいちな印象だ。エンジンの印象はいまいちだけれど、マグネティックライドのスポーツモードはやっぱりすばらしい。ショックを固めるというよりスタビも固めたような動きをしてくれるからだ。普通のスタビならば固めるとリジット化するんで、ロールしない代わりに細かいギャップにバタバタした動きを見せるのだけれど、マグネティックライドは普通の動きを見せつつコーナーでロールを抑制してくれるのが気持ちがいい。

初代に比べて大幅に改善されたといわれるボディ剛性については、先代に比べてよくなってるのは明確だけれど、カレラカブリオレやボクスター並みになるほどの劇的改善ではない印象をうけた。

走っていてびっくりしたのが、走行時の風の巻き込み。先代のTTRやアルファスパイダーなどに比べてかなり多い。頭上と肩口からの進入がおおいので、最初はリフレクターがちゃんと上がってないんじゃないかと思って確かめてしまった。

見た感じでは明らかにウインドリフレクターは大きくなっているのに。

Hi340016_6 想像の域を出ないけれど、初代TTもトノカバーをつけると巻き込みが増えたので、トップをフラットに収納できるようになったことで、トランク上の流速が速くなったのだと思う。Z8とかはこのあたりよく考えてあって、トノカバーが盛り上がっていて、トノカバーを取り付けるとはっきりと肩口からの風が減った。

またボクスターや911カブも、TTRと同じ仕組みだけれど、TTにはないカバーがトップ収納スペース横についているが、おそらくこれで巻き込みを緩和していると思われる。このあたり今後のマイナーチェンジや来夏でると噂されるTT-Sでのモディファイに期待したい。

30分ちょっとの試乗で感じたのは、クーペとの差は初代に比べるといろんな意味で薄くなったということ。それはボディ剛性が上がったことやマグネティックライドの柔軟かつダンピングの効いた足回りとか、ロードスター独自の軽量化の恩恵なのだとおもう。

反面、ロードスターならではの重心の低い感じも薄れたと感じた。

|

« 【オフミ】軽井沢オフ07 | トップページ | 初冬の嬬恋へ夏タイヤでの走り治めにいく。 »

クルマ」カテゴリの記事

TT」カテゴリの記事

アウディ」カテゴリの記事

インプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【クルマ】NewTTロードスターに乗る:

« 【オフミ】軽井沢オフ07 | トップページ | 初冬の嬬恋へ夏タイヤでの走り治めにいく。 »