« 【ロングドライブ】久々の600mile/dayツーリング:奈良観光その1 | トップページ | 【ロングドライブ】久々の600mile/dayツーリング:奈良観光その3 »

2008年7月25日 (金曜日)

【ロングドライブ】久々の600mile/dayツーリング:奈良観光その2

某店でお宝を見たあとは「ドラマ:鹿男あおによし」 を見て以来、30年ぶりに訪れたいと思っていた奈良公園へ向かう。もちろん鹿の使い番にあうためだ(笑)

午後4時近いのに気温は34℃。奈良公園のまわりの駐車場はどこも1日で千円という料金なのだけれど、友人から教えてもらった公園内にある「奈良県 新公会堂」は時間貸しをしており1時間200円で上限が1000円。短い時間しか滞在しない自分たちには絶好の駐車スペースだった。駐車枠の幅が 1800mm制限なので、3号機はぎりぎりおさまった。

R0014858

公園にでると盆地ならではの厳しい暑さのなか鹿たちも日陰に集合している。日向にいるのは人間だけだ(笑)

R0014845

地面が冷たいのだろう、ぴったりと腹を付けた鹿たち。

R0014850

鹿せんべいを持った観光客をめがけて進む鹿。足取りも重いし心持首もうなだれているように見えた(笑)

R0014863

公園を後にして、大仏殿へ向かうべく参道で見かけた鹿せんべいの宴(汗

鹿のノーズチャージはかなり強力。

R0014872

30年ぶりに見た東大寺の南大門。いまさら見て思うのは、やはり天平文化は大陸のかほりが色濃くでているということ。シルエット全体が中国風で、ここで西遊記のロケができそうだ。

R0014877

南大門で待ち構えていた鹿。まさに使い番か!鹿せんべいをもってないのに、この距離でノーズチャージでグイグイきた「三角を持ってきたか?」って言ってるのかも(笑)。

でもかわいい。

R0014886

南大門から望む大仏殿は、平安京の瀟洒な寺院とは違う、力強さと当時の権力者の威厳を強く感じさせる威風堂々としたたたずまいを見せつけてくれる。高校時代の自分には、そんな気配はまったく感じることすらできなかったから、30年ぶりに旧都を訪れた甲斐はあった。

R0014888

思わず見上げてしまう大仏殿。ひとつひとつの梁や柱の醸し出す重量感に圧倒される。

R0014893

でも、大仏は依然見たより小さく感じてしまった・・・自分がでかくなったのか??

いや、30年前と身長はほとんど変わらず増えたのは体重だけのはずだからおかしいなぁ(笑)

R0014904

30年前の自分にはくぐれたけれど、今は200%無理な穴くぐり。中国な団体客の方々に大人気でひっきりなしに潜りまくる(笑)

R0014906

大仏殿から境内を望む。境内がすべて芝生ってのは京都にはない光景だ。

R0014907_2

大仏殿の帰り道、参道途中にて小休止。氷れもんは案の定舌がまっ黄色に変色した(笑)

このあとは、友人と待ち合わせて奈良町へ向かう。

奈良観光その3へ続く・・・

|

« 【ロングドライブ】久々の600mile/dayツーリング:奈良観光その1 | トップページ | 【ロングドライブ】久々の600mile/dayツーリング:奈良観光その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ロングドライブ」カテゴリの記事

Z8」カテゴリの記事

BMW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ロングドライブ】久々の600mile/dayツーリング:奈良観光その2:

« 【ロングドライブ】久々の600mile/dayツーリング:奈良観光その1 | トップページ | 【ロングドライブ】久々の600mile/dayツーリング:奈良観光その3 »