« 【クルマ】M3カブリオレに乗る。 | トップページ | おつかれさま、A3SB。 »

2008年9月23日 (火曜日)

【クルマ】JファクでケイマンSに乗る(9/23追記)

R0015270

某日、友人の車検出しに付き合う形で訪れたJファクトリーで、デモカーのケイマンSに試乗した。Jファクト言えば、es4やaf-impでおなじみのドイツ車のチューニングでは老舗として著名なところ。Audi/VW、BMWがメインだったのだけれど、万を辞してポルシェにチャレンジしたのがこのケイマンSだ。

R0015269

R0015260

エクステリアはいつものJファク流でまとめてあるものの、おとなしめにみえるのはまだマフラーがノーマルだったりしているからだろう。Y社長いわく発展途上とのことだから、まだまだこの後いろいろと変貌を遂げるのかもしれない。

ポルシェのステアリングを握るのは、ほぼ1年ぶり。

シートに座ってZ8とは逆の位置にあるキーシリンダーにキーを挿しフットブレーキに足を乗せて始動。懐かしいフラット6の音が背中から聞こえはじめる。ステアリングの感触はポルシェらしい遊びの無いタイトなフィーリング。TipのケイマンSに乗るのは2年ぶりだから全開の印象はかなりうすくなっているけれど、あの時は5000回転あたりからいまいち回転が重くて吹きぬけの鈍いイメージが強かったけれど、このクルマのAPRチューンされているエンジンは思いのほかトルクフルでまわさなくても前に出て行く。

給排気系はノーマルとのことだから基本的にROMだけの力。店から県道を走って高速道路までは渋滞気味のゴーストップが続いたが、ここでびっくりしたのはブレーキ。

R0015262

見てのとおりフロントはブレンボの6POD。、

R0015261

リアは4ポッドと純正に比べてかなりスープアップされているのに、タッチがすごく自然で、コントロールしやすい。往々にしてこの手の強化されたブレーキは初期制動がつよすぎたり、高温対応のパッドで低速でキーキーと泣いたりしがちなのだけれど、このケイマンSのブレーキはいたって自然で普通で扱いやすい。

10分ほど渋滞路を走ったあとは北関東道に乗る。雨脚が強まってきて、ライトをつけないとだめなぐらいだけれども、KW Ver3を組んだ足回りはかなりどっしりとした直進安定性をみせてくれ、なんなくワープドライブへ。不意に車線変更をしたクルマを避けるために、強めにブレーキを踏み込むとリニアな利き味で踏ん張りが利いて難なくパス。感覚的には純正の効き味のまま2倍の効きになったような印象だ。これなら高価なPCCBなんていらないかもしれない。

高速コーナーは、ミッドシップらしいニュートラルステアで、アクセルオフで弱オーバーステアな感じだが雨で怖いと感じるようなオーバーステアではない。むしろ自分はこのぐらいが好きだから良い印象だった。KW Ver3の足回りは、十分ダンパーが効いたしまった足回りなのだけれど、細かな突き上げはうまく逃がしていて乗り心地の当たりがマイルド。このあたりが伸び側と縮み側のセッティングが細かくできるVer3のメリットなのだろう。

あっという間に終点まで着いたので、そこからは国道を進む。Jファクトリーに戻る途中に、ちょうどいい長さのワインディングの籾山峠がありそこを経由する。籾山峠は幸いにも交通量が少なく、いいペースで走れたのだけれど、そこでもこのブレーキの印象は変わらない。非常にコントローラブルでABSが利く寸前がわかりやすい。コーナーへのターンインでもギャップのあるところでちょっとブレーキを抜くようなコントロールがしやすい。

APRでROMチューンしてトルクフルになったエンジンは使いやすくTipでもモタモタした印象もなくMTモードの3速固定でスルスルとのぼりのワインディングをクリアしていく。

R00152450

調子よく登ったあとの下りで、ちょこっとこのクルマのトリッキーな部分が顔をだした。右に巻いて降りる直角気味のコーナーで、クリッピングを捕らえたあとに、より小さく周ろうとアクセルをちょっと早めに開いたら、あっという間にテールブレイク。

もちろんPSMが入っているので間髪おかず右後輪と左前輪にブレーキがかかってスライドは止まり、そのまま立ち上がった。ここまでPSMに仕事をさせずに曲がってきただけにちょっと残念だが、PSMが入ってなかったらおそらく相応に横を向いたに違いない。

雨で滑りやすい路面だからテールがある程度スライドすることは想定内だったのだけれど、予想外だったのはその速さ。もうすこし緩やかに粘ってくれるとおもっていた。というのも、その前にコーナーの侵入で前輪荷重を載せて意図的にリアが回りこむようなV字のラインを取ったにもかかわらず、かなり粘ってほとんど振り出す気配がなかった。以前乗ったノーマルのボクスターではこのラインを取ると気持ちいいぐらいに旋回してくれた記憶があったからだ。

R0015266

自分的には、ターンインのときに弱オーバーステアになり、ターンアウトのアクセルオンでのリアの粘りがあったほうがリスクが低いと感じるので、細かく設定できるKW Ver3のメリットを生かしリアサスの伸び側をもう少し固めにし、ターンインのときにテールがアウトに出やすい傾向に。一方縮み側は少し柔らかくしてパワーをかけた時に、テールが突っ張ってブレイクしないように、柔らかめの粘るセッティングを試してみたいと思った。

それとあわせて、またインチアップしてフライホイールマスの増えたホイールと高速直進性重視のアライメントが、ケイマンSらしいヒラヒラ感をスポイルしている傾向も若干感じるので、アライメントでフロントをトーゼロにして頭の入りを良くし、立ち上がりでリアのトラクションをかけやすいネガキャンをちょっと足してみたら面白いかもしれない。

Y塚社長も、この部分も含めて発展途上という話はしており、足周りのパーツをオリジナルで作る構想があったりするとのことだし、サスの設定とアライメントをもっとつめていくとかなり面白いクルマが出来そうで楽しみだ。また現在製作中のマフラーにAPRの蛸足を組んだらノーマル的なもっさりした吹けあがりが改善されるだろうエンジン周りも大いに期待できると思う。

40分弱の試乗だったけれど、久しぶりのケイマンSは乗りやすくて楽しかった。やっぱりポルシェは生真面目でかっちりしてるなーというのを実感。まあ、この生真面目さが自分は愛せなかったんだけれど(笑)。

今回は、ありがとうございました。マフラー組んだら是非また試乗させてください>Y社長さま。

9/24追記。

マフラー装着完了!っとのことなので、早速、乗せていただきました。

ノーマルマフラーのときの、4000回転からのメリハリのない吹け上がりから一転、おお~っと声を上げてしまうほどの抜けの良い吹けあがり&加速。同じAPRだからROMチューンとの相性は当然よくて低速からの引っかかりや落ち込みなどの、よどみもなし。

音は、ポルシェらしいダブルVANOSのカムの変わったときの気持ちよいメカニカルな高音部のサウンドと、エクゾーストの野太い中低域のバランスがいいから、シフトダウンのときのブリッピング音も快適。センサー位置の都合から蛸足が未着なのが残念だったけれど、これで蛸足いれるとさらに音は乾いてよくなるだろうね。

|

« 【クルマ】M3カブリオレに乗る。 | トップページ | おつかれさま、A3SB。 »

クルマ」カテゴリの記事

ポルシェ」カテゴリの記事

インプレッション」カテゴリの記事

コメント

お伺いのメールをするか迷ったのですが…

>老舗洋食レストラン
いいですね~興味あります!

友人のGT-Rは、希少な赤です。かなり目立ちます。

投稿: クア太郎 | 2008年9月26日 (金曜日) 14:59

クア太郎さん>
そうでしたかー、それは残念でしたね。
あの日は、芭蕉という創業70年の老舗洋食レストランに行ってました。

そういえば、Jファクで店の前を黒のGTRが何度か通り過ぎてるって話がでてましたけど、ご友人のはもしかして黒でしたか?

投稿: ta_tsu | 2008年9月26日 (金曜日) 12:37

ta_tsuさんも昨日、桐生にいらっしゃいましたか?
私は、マイミク所有のR35_GT-Rとともに走行会をしてまして、昼食は金釜広沢にしました。
ta_tsuさんにお会いできたかも?と思うと少し残念です。。

投稿: クア太郎 | 2008年9月24日 (水曜日) 18:50

クア太郎さん>
この前はお疲れ様でした。久しぶりに乗ったノーマルのTT3.2はかっちりしてたし17インチへインチダウンした効果ともあいまって十分にポテンシャルの高いクルマだって実感しました。

ブレーキはブレンボかAPならたぶん付くと思います。ローター径は純正と同じでもローターがフローティングになってキャリパー4PODになるだけでも倍の利き味です。

投稿: ta_tsu | 2008年8月28日 (木曜日) 22:32

ブレーキがイイですね~
TT1st3.2の純正キャリパーは、大きい割りに存在感が無い気が…
純正の白いキャリパーはブレーキダストで汚れると、
存在が消えてしまうのです…^^;

J-facさんでペイントしてもらおうかとも思ったのですが、
ペンキの乾燥が必要で、数日間かかるということだったので、
パッドやローターの消耗具合によっては、ブレーキシステム自体を
入れ替えた方が良いのかな?と思ってしまいます。
フロントの軽量化に役立ちますし…^^

投稿: クア太郎 | 2008年8月28日 (木曜日) 13:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【クルマ】JファクでケイマンSに乗る(9/23追記):

« 【クルマ】M3カブリオレに乗る。 | トップページ | おつかれさま、A3SB。 »