« 【ドライブ】朝もやに煙る紅葉の大運動会。 | トップページ | 【ドライブ】秋の蓼科・小淵沢界隈を食べ走り。その2・完結編 »

2009年10月28日 (水曜日)

【ドライブ】秋の蓼科・小淵沢界隈を食べ走り。その1・鰻編

ひと月ほど前になるけれど、以前から行ってみたいと思っていた鰻屋に向かった。その場所は、お隣山梨県の小淵沢にある「井筒屋」

Ta034241

Ta034240

前日まで台風の影響で天気が悪かったこともあり、開店時間10分前に着いた時には、駐車場にも余裕があり、開店待ちの人も10名ほど。ネットでの紹介記事では30分前につかないと初回入店は難しいとのことだったので、ラッキーだった。

Ta034244

その理由は、入り口の注意書きを読めばわかる。昼予約は開店当初の15名まで、 開店前に並んだ人で入れるのは同じく15名までであり、その15名に漏れたら、最初に入店したお客さんが食べ終わるまでの30〜40分ほどは必ず待つことになる。

Ta034342

Ta034338

Ta034337

Ta034262

Ta034259

Ta034266

Ta034263

Ta034269

洒落たベンガラ色の暖簾をくぐった店内は、老舗の菓子屋だった店舗を上手に改装した風情のある造り。自分たちが通されたのは元縁側だったと思われるスペースを上手にしきった二人席。狭いのだけれど庭がみれて心地よい。

Ta034308

Ta034311

Ta034314

Ta034318

20091003

頼んだのは、この店の看板にもなっている「かめ塩のうなぎ」と蒲焼きと白焼きの二つが一緒に楽しめる「うな箱二の(う)」、一本焼きで出てくる「うなぎ蒲焼き(並)」、「きも焼」「う巻き」。このかめ塩の鰻は、白焼きが好きな自分にとっては、かなりつぼにはまる美味さ。山椒塩が鰻の白身のうま味を引き立てていてなんとも味わい深かった。他方、蒲焼のタレはさっぱり系で、蒸しの多めのホクホクした柔らかめの鰻との相性も良かった。

まったりとおなかがふくれたところで、食後のデザートをいただくために、原村方面へ向かった。

その2へつづく・・・。

|

« 【ドライブ】朝もやに煙る紅葉の大運動会。 | トップページ | 【ドライブ】秋の蓼科・小淵沢界隈を食べ走り。その2・完結編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

Z8」カテゴリの記事

BMW」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ドライブ】秋の蓼科・小淵沢界隈を食べ走り。その1・鰻編:

« 【ドライブ】朝もやに煙る紅葉の大運動会。 | トップページ | 【ドライブ】秋の蓼科・小淵沢界隈を食べ走り。その2・完結編 »