« GOProHERO2で準備中。 | トップページ | 【インプレッション】輸入車一気乗り・その2:XKRに乗る »

2012年4月 3日 (火曜日)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その1:991カレラSに乗る

友人のT君のお誘いで、2年ぶりに千葉の輸入車ディーラーのファミリー主宰の輸入車試乗会へ。前回はこんなところを乗ったのだけれど、今回は出たばかりの991カレラSからスタート。

P3212932

P3212934

P3212930

シートに座るといつものインパネ。ダッシュボードが低くなった印象はあるものの、ステアリング越しに見える5連メーターの雰囲気は同じ。試乗車はカレラSのフルオプション。写真には映ってないけれど、ステアリングのスポーク部分に、インフォメーションが表示される液晶が埋め込まれてるほど(笑)

PDKをDにシフトしてスロットルを踏み込む。911の走り出しの儀式としてエンストしないように、アイドリングでクラッチリリースをして発進してたが、PDKになったらそんな古来の儀式とは無縁なのが寂しい;;;

PDKのショックの無いシフトに、遜色ないほどの滑らかに動く足回り、意図的に低音が強調されたエクゾースは、これまたスムーズエンジンに助けられ、まるでメルセデスのように走り出してしまう乗りやすさに圧倒される。

ステアリングは電動パワステと言われても、嘘?と思えるほど自然で、違和感は微塵も感じない。片側3車線の広い道に出たところで、Sportsモードに切り替えてフルスロットルをくれてみる。997まではオプションだったスポーツエクゾースと同様のバルブが開いて一気に排気音が大きくなって威勢よく吠え始めた。

さらに足回りもダンパーがグッと引き締まるが、道路の継ぎ目と、マンホールをタンタンと軽くいなし、従来の911のような硬質なあたりは全く感じなかった。

ブレーキも911としての期待を裏切らない絶妙なタッチとバランスで、初期制動から踏み込んで行くときの足の裏へのインフォメーション、同じ踏力で踏み続けたときのローターに巻き込まれるようにパッドが食い込んで行く感触もポルシェならでは。絶対的な制動力も強力だったので、思わず同乗するディーラーのスタッフに「これ鉄ローターですか?」って確認してしまった;;;
そして一番びっくりしたのがアイドリングストップ(笑) 
クルマがクルマだから、どうしてもエンジンストップした瞬間にエンストした!!って脊髄反射が起きてクラッチ切ってスターターをまわしそうになるので、一回試したあとはキャンセルしましたが(笑)

P3212933

30分ほどの試乗だったけれど、一分の隙もない完璧な仕上がりに感嘆。
ただ、かつての911が持っていたスタートの時のクラッチワーク、固いサスゆえに路面のギャップを踏み越える時にスロットルやステアリング操舵で、うまくギャップにかかる加重を抜いてバンプを逃がすなんて儀式も含めての、スポーツカーの愉しみだったかと。それが全部はしょられてしまって、ただ速度を出すだけというのは、レーシングカーなら解るけど、スポーツカーとしては僕は物足りないと思うし、あきっぽい自分はすぐに飽きてしまいそう(笑)

どこの誰が、どう乗っても、速く安全に走れ、かつドライビングインフォメーションが伝わってくるから、ドライバー自ら操ってる気にさせるので、乗っただけでドライビングスキルがあがったと感じさせてしまうのは、マーケティングとしてさすがだ(笑)

こういう才色兼備の超優等生が好きな人には、乗り出し2000万の価値は十分にあるんだと思う。
その2に、つづく。。

|

« GOProHERO2で準備中。 | トップページ | 【インプレッション】輸入車一気乗り・その2:XKRに乗る »

クルマ」カテゴリの記事

ポルシェ」カテゴリの記事

インプレッション」カテゴリの記事

コメント

SAGZOUさん>
コメントありがとうございます。リンクされたBLOGもなかなか内容の濃いサイトで、楽しく拝見いたしました。
911については、きっと考えはわかれるんじゃないかと思います。機械(マシン)としての完成度は
ご相方がいわれるとおり、991が正常進化だということは間違いないと思ってます。
運動性能、エンジンフィーリング、音、乗り心地、どれをとっても997よりさらに高いところへ上ったのは
事実だと感じます。

ただ趣味趣向のモノですから、最善の機械が最高と感じられるかは別ですよね(笑)

僕はフライもやるのですが、わざわざ面倒で扱いづらいタックルをつかって、しかもカーボンではなく
バンブー(竹)のロッドを使って釣ることに、面白さと愉しみがあります。
それは魚をたくさんつることが目的ではなく魚と知恵比べをするのが愉しみだからですね。

そう言う意味で、991は簡単で安全で、だれでも高速ドライブができるという利便性の合理的な結論でしかなく
私のように単純に速度を出すことが目的ではなく、そのプロセスに愉しみを求める趣味趣向の輩には、
面白みが薄くなったと思います。

僕が今一番好きなポルシェはやっぱりオールドレースマシンです。シュツットガルトで見た550とか痺れますし、
964RSとかもいいですね。

投稿: ta_tsu | 2012年4月 7日 (土曜日) 08:46

突然の書き込み失礼致します。
はじめまして、sagzouと申します。
あまりに991のインプレションの感想が似ていたものですから、思わずコメントさせて頂きました。私は997S→996GT3Mk1,GT2へと先祖帰りし、今964へと・・・相方(996turbo TipS乗り)に言わせると、991こそ正常進化だそうですが、私には、もはやRRの911ではありませんでした。”老兵は死なず、ただ消え去るのみ”なのでしょうか(笑)
敬具

投稿: sagzou | 2012年4月 7日 (土曜日) 02:34

OGさん>
はい、そんな感じです。オリンピック選手でありながら、AppleとかGoogleのCEOって感じ。
もしくは、最新型の美人ターミネーター(笑) 

投稿: ta_tsu | 2012年4月 4日 (水曜日) 00:33

容姿端麗にしてスポーツ万能、もちろんお勉強もできる最高峰。
でも、なぜか会話の少ない彼女! そんな感じ?

投稿: OG | 2012年4月 3日 (火曜日) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【インプレッション】輸入車一気乗り・その1:991カレラSに乗る:

« GOProHERO2で準備中。 | トップページ | 【インプレッション】輸入車一気乗り・その2:XKRに乗る »