« 【インプレッション】輸入車一気乗り・その3:ジュリエッタクワドロフォリオに乗る | トップページ | 【インプレッション】輸入車一気乗り・その5:レンジローバーイヴォーククーペで締める。 »

2012年4月 4日 (水曜日)

【インプレッション】輸入車一気乗り・その4:FIAT500 TwinAirに乗る

991XKRジュリエッタクワドロフォリオと立て続けにホットモデルに乗ったので、ひと呼吸いれるべく、FIAT500のTwinAirに。

P3212982

前回もここで500Cに乗ったけれど試乗コースが長くて気持ちいい。991やXKR、クワドロフォリオにフルスロットルを与えられるようなコースだから、TwinAirの低回転のパタパタ感と高回転までまわしたときの違いも十分に体感できるコース。

P3212976

アイリスブルーのボディカラーにホワイトの内装は何度見てもポップで可愛い。

上質でも高級でもないけれど、デザインコンシャス。

さしづめデザイナー家電のような心地よさだ。

P3212977

P3212978

今回のクルマはシートが細かいグレーチェックというのもお洒落。国産のコンパクトカーや軽自動車にもこのセンスが欲しい。

P3212962_2

エンジンをかけたときのアイドリングのエクゾースト音は、予想通りバイクの音(笑)。この排気量のバイクならばビックツインで、それなりに野太い音を出すはずなのだけれど、エクゾーストラインにターボを与えられていることもあり、エクゾーストからはパタパタという古のチンクに似た音がしている。

走りだすと、噂どおり排気量を感じさせないトルクでスルスルと加速して行く。パタパタ音は回転数とともにボーッという連続音になり、さらに回転をあげると、ビーというやや固い音になったが、不快な音ではない。

エンジンのフケ上がりは決して軽やかではないけれど、走りは本当に軽やか。この辺りはTwinAirではないエンジンの1.4Popと変わらず、このクルマの気持ちよさだ。

P3212980_2

正直、このクルマが100km+の速度域ではどんな感じになるのか、高速道路で試乗してみたいと思ったし、その塩梅次第では、いずれ正式導入を検討したいと思った。

その5に続く。

| |

« 【インプレッション】輸入車一気乗り・その3:ジュリエッタクワドロフォリオに乗る | トップページ | 【インプレッション】輸入車一気乗り・その5:レンジローバーイヴォーククーペで締める。 »

クルマ」カテゴリの記事

インプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【インプレッション】輸入車一気乗り・その4:FIAT500 TwinAirに乗る:

« 【インプレッション】輸入車一気乗り・その3:ジュリエッタクワドロフォリオに乗る | トップページ | 【インプレッション】輸入車一気乗り・その5:レンジローバーイヴォーククーペで締める。 »